かきつけ
2001/06/26~2002/03/31



2002/03/31

 はぁ。明日から四月やね。
 ひさしぶりに日記を書いてみる。
 この一ヶ月あまり、アフガンニュースを見、エロ動画のダウンロードに励む毎日。巡回なんかしてみたりして。
 しりあいのとこなんか全然見てなかった。アウトオブ眼中って奴ですか。

 あぁ。翻訳にも飽きてきた。さすがに長文をやるのは途中でイヤになる。熱中しすぎて頭の中に余裕がなくなってきた。バランスとれてないなぁ。あかんわ。
 そんなふうに熱中してる間に知ってる人もまた減った。
 引っ越しシーズンのゴミもひろい損ねた。

 来年も同じ部屋で相部屋。李さんは引っ越しだ。でもイヤだといってる。オレは今年は新入寮生と相部屋したいので、すなおに引っ越ししてもらいたい。
 まぁ今年度はまともに相部屋することにして、コンピュータの移動からせなあかんな。


2002/03/09 

 googleで最近チョロチョロと検索かけてて気付いたこと。
 昨日今日のニュースがかなり引っかかる。
 すごい・・。


2002/03/08 

 寮内にmpgの形でおいてあった『バトルロワイヤル』という映画を見た。なにがいいたいのかよくわからなかった。たぶんいろんなことが省略されててオレの弱い頭では理解できないんだろう。原作をよんだらもうすこしおもしろいのかもしれない。
 ちょっと検索したらちょっと理解できた。原作の設定は「東洋の全体主義国家、大東亜共和国」が「国防上必要な戦闘シミュレーション」としてこういう殺人ゲームをやってると言うから、とてもわかりやすい。それが、この不況日本で、一年にたった一校を選んで殺し合いをさせて、なめた子供におもいしらせるというのはなにがなんだかわからない。というか、脚本書きが自分の言いたいことを表現するために、原作の筋のおもしろいところをけずって、ワケわからんようにしてるとしかおもえん。
 『攻殻機動隊』も同じ操作を受けていたなぁ。なんでこういう人たちはおもしろいものをつまらなくするのがうまいんだろう。


2002/03/07

 某スレに書きこんだらそのスレがいっぱいになってそれ以上書きこめなくなった。

 昨日はおもいたって大阪までまた映画を見に行った。気合いを入れて三条まで歩き、京阪を降りても地下鉄を使わず、あるいていったら、なんと映画の日とやらで千円でみれた。そのかわり、途中、日本橋によってPCIのサウンドカードを買ったり、古本屋によって本を買ったりしたので、当座の費用としておろした一万円は瞬く間に消えた。今日はおきてからラーメン一袋しか食ってない。

 某スレに紹介するのもあほらしい記事。
 日曜のアフガンの地震は米軍の空爆によって引き起こされた!
 http://www.taliban-news.com/article.php?sid=204


2002/03/05


 最近コンピュータが頭元でうなりだしたせいか夢をよく見る。

 こないだはなぜか中央アジアのどこかの国に行くことになって、空港に行くが、その空港がなぜか土丸出しのグラウンドで、かたすみに木でできた小屋があり、なかに中央アジアっぽいおっさんがいるのだが、もちろん日本語は通じない。まずチケットを買わなきゃ。「どこに行きたいんだ?」日本語じゃない言葉で聞かれる。たぶん片言のロシア語で手振り身振りを交えながら、なぜか行き先のハッキリした地名を思い出せず、ようやくのことあのあたりにある国名をひとつおもいだし、「ウズベキスタン」と、こたえていた。中央アジアっぽく、重暗くて、木材までも暗かった。親父はすすけていた。飛行機は一日一便くらいだ。油で薄汚れていた。なんなんだ。


 19世紀後半のロシアには「オブローモフ」というのがいたそうだ。
 無用人。
 「無用人は生まれてから仕事というものをもったことのないのらくら者。自分が現に生存している世界では自分が全く余計な存在だということを自覚しているくせに、その世界を自分から踏み越えて行くだけの性格の強さももち合わせていない人」
 井筒俊彦『ロシア的人間』


 今日見た文法。
 評価。評価の根拠。留保。留保の根拠。結論。


 「イスラーム的共同体理念と自由主義の原則」より、陰謀説の紹介。引用の引用。
 「その上でアブドルハキームは第三次世界大戦の勃発もまたユダヤ人の陰謀によって引き起こされると論じる。それは四段階にわたる争闘であり、その第一段階はすでに湾岸戦争によって始まっている。第二段階にはメッカのカーバ神殿への攻撃が行われ、第三段階では救世主マフディーの到来とハルマゲドンが出来し、第四段階で偽救世主ダッジャールが出現し、救世主イーサーとの最後の闘争が行われるという」


 まぁS24にいかないのは、酔っぱらって怒られたのがきっかけなんですが、それをいいわけにしてとりあえず、いままでとちがう行動を取ってエネルギーの流れを変えてみようというだけのことなので、またそのうち行くかもしれません。でもとりあえず今は、行きません。
 最近は「某巨大掲示板群某板某スレ」に書きこむための捜索要約に熱中してます。なにしてんのやら。


2002/02/28

 境界例と自己愛からの回復

 わざわざ大阪まで行って『ブラックボード』という映画を見てきた。黒板担いだ人がイランイラク国境をうろつく悲しい話だ。

 某巨大掲示板群の某板の某スレに英文ニュース要約をのせることにした。
 一人でたのしむより興味のある人とわかちあう方がお得。
 なんか似たようなのがふたつもあって面倒だ。くせの強い人がいてはじかれたらしい。妄想系とニュース系にわかれている。とはいえ、両方ともニュースがのってる。わけわからん。まぁ、みてるひとは両方見てるからいいんでしょうが。

 ほんとにひさしぶりに風邪らしい風邪をひいている。ちいさいとき以来じゃないかとおもうくらいのうっとおしさ。のどがいたい。微熱がある。全身だるい。はぁ。


2002/02/26

 岩波講座の『日本通史9 中世3』ってのを読んでたら「貨幣と資本」という項目があってすごくおもしろかった。網野。

 なかでもですな、平安末には神社が初穂料などを元手にして貸し付けを行っていたというのがイイ。
 モンゴル人がかき集めた金・銀をイスラム商人に貸し付けたのとか、青苗銭とかを連想した。

 何か経済のことは今ひとつうまくつかめん。


2002/02/22 

 泡。
 むーん。とりあえず使ってみて、いままでよりもおもしろい使い方があるとわかった次第だ。
 すこし世界が開けた感じ。
 すこし。


2002/02/21 

 実家のコンピュータ新調。Nからもらったgatewayマシンだ。で、かわりに実家にあったPC9821Xa7eを寮に持ってきた。
 PC9821にはいってた4Gのハードディスクが何か具合悪い。gatewayにつっこんでも認識しない上にしばらくするとカッコンカッコン言う。業を煮やして思い切りたたいてみると「シャー」という音がでだして本当に壊れた。
 何とかすると約束して一度寮へ撤退し、オレマシンにはいっている13Gのをとりだし、再度出撃した。中古で買おうとして、いろいろまわってみたけど、どれも五千円台でうっているうえに、新品の20Gが七千円弱で特売しているのを見てあほらしくなったからだ。
 そしたら、13G認識してくれず、8Gしかつかえなかった。ちぇ。
 しかも、CDブートが正常に行えない。一度windowsのdosをいれたうえで、CDがつかえるようにドライバとかをコピーして、autoexec.batとかに書き込みして・・・。
 つぎ実家帰ったらマザーボードの品番とか控えておいて、BIOSのアップデートできるようにしよう。
 まぁでもそのまえに実家の湿気と低使用度のために壊れてそうやけどなぁ。
 八ギガでも無駄だ・・。


2002/02/16 

 なんか昨日はレポートが終わってセンマツが持ってきた酒を飲んでヘベレケになってたわけですが、調子に乗りすぎて怒られた。
 それで反省したことをここにイチイチ書くのもアホらしくなったので書かない。
 ムーン。レポートひとつまともに仕上げられないのに、そういうことをやらかすので、生きてるのが申し訳なくなってきた。

 潮時かなぁ。


2002/02/14 

 自分に対する愚痴。
 まぁ聞いてくださいよ。
 ここで踏ん張らないと、来年度がないとわかっているにもかかわらず、むだに資料集めに凝り、時間をかけてしかもダラダラやって、結論と筋道が見えてるモノを、いつまでかけてもおわらない。
 しかも今まで何度もこれをやって失敗しているにもかかわらず、同じ轍を踏む。
 何でなのかと考えたら、自分の背丈に見合った仕事をしようとしてないからだと気がついた。目利きか否かにかかわらず、それ以前の問題として、人間の能力のほとんどは技術なわけで。その技術をいかに運用するかと言ったところに手腕が問われるところなんでしょうが、技術のないところに運用があるわけない。
 地道に積み重ねたモノがあって、はじめておちついて高みを望めるわけで、一足飛びに高みにのぼろうとしてもそれは危ういだけだ。
 あぁ。あぁ。まさにバカは死ななきゃ直らない。

 それとは別の話で、寮生NがハードディスクのないPCをくれた。しりあいが要らないからほかすgatewayマシンを欲しかったらあげるというので欲しいと言ってうけとったのだ。
 PentiumⅡ233MHzのマシン。まぁいらない。ディスプレイが17インチだが、はかってみると、今持ってるのより、五ミリづつ大きかったので、とりかえた。ビデオカードがRIVA128のAGP。おぉ。今持ってるのはViper330(RIVA128)のPCIだ。とりかえよう。・・・おかしい。32bitカラーのはずなのにグレイスケールになっている。ムービーを再生させればそこだけ色が付く。むーん。おかしい。256色にすると、アクティブなウインドウの中だけ16bitカラーっぽくなる。むーん。おかしい。どういうことだ。
 ドライバーを換えても何してもダメだったので、とりあえず、このビデオカードとマザーが相性悪いということにしておいた。マザーにもともとささっていたAGPのカードも相性悪かったから、妥当だろう。とりあえずこの233は実家に送り、実家にあるPC9821Xa7e(Pentium200)を寮に持ってきて文化部室のぼろいのととっかえよう。そうしよう。
 こんなことしてるからレポートなんかすすまんのだ。


2002/02/09

 あなたにあう床柱はどれかな?
 床柱占い


2002/02/06

 李さんと生活時間がずれてきている。
 李さんは夜遅く寝て昼も早く起きない。まるで日本人学生のような生活パターンになってきた。こちとらどれだけだらけた生活をしていても、気がついたら朝早起きにもどってしまう人間なので寝ている人の横でかちゃかちゃいじるのもやりづらく、朝からごそごそしづらくなった。
 ということをひとにこぼすと「気にするな」といわれた。むぅーん。

 見ろと命令されていたインド映画『ボンベイ』をみた。
 むぅーん。おわりかたが何か中途半端だ。中途半端に感じるのは劇中わかりやすく提示されるいろんな問題の解決法がこれまたわかりやすく提示されているからだ。
 前半でえがかれていた異教徒同士のカップルは都会のボンベイに逃げることで自由になったのだが、そのボンベイで宗教過激派の抗争が始まり、大規模な暴動に発展して主人公カップルは巻き込まれてしまう。でまぁ最後はいままでたがいになかよく暮らしてきた同じ「インド人」だからなかよくしようよ、という感じで終わる。
 ヒンドゥとイスラムというのは基本的な人間観が水と油なので、煎じ詰めれば衝突せざるを得ない。それを国民というベールで覆い隠してなんとかうまくやろうやというあたり、政府公報的で、ぬるい。ただ、現実に起こった事件の傷を逆なでしないでおこうというのはわからなくもない。
 でもこの映画の状況は特殊すぎて「けんかをするな」以外の何の示唆もあたえられないんじゃなかろうか。
 ベッピンさんがよかった。あいかわらずインド映画はやらしいわ。すごいわ。


2002/02/02 

 中途半端だ。中途半端だ。こないだはやりすぎたけど、きょうは中途半端だった。かるーくいじめるのも関係の持ち方のひとつだと思えばキッチリやり抜いた上で最後までかかわってフォローするべきだった。中途半端なかかわりかたが一番ひどい。あぁ。
 こういうとこでツイツイ逃げるからスキルがつかんのよな。

 というわけでこれからは「日々の反省」ということにして、一日を振り返っていろいろクヨクヨイジイジすることにする。

 文化部室でコンピュータをいじってるとき、たまたまある寮生があまってる映画の株主優待券というのをくれたので、みれるのをいろいろ調べた上、『スパイゲーム』をみてきた(1/31)。退職当日のCIA職員が昔の部下をたすけるためにCIAをハメるというはなし。目的のために手段をえらばないひどさがアメリカっぽくてよかった。
 あしたも24時間バイトだ。


2002/02/01 

 反省
 入寮パンフ検討会で自分の描いたマンガにいろいろと説明を加えた上に、なんでわからんのかと、何度かバカにした発言をしたこと。(マンガ描きとして、人間として最低だ)
 あのマンガがバカにしてる「建前を整えるのに終始して中身をきちんとしない」場になりつつあったのにヘラヘラ笑ってみてたこと。(年寄りとして、提起者として不作為の罪を負う)
 ああいう場だから、ガンをもっといじめるべきだった。(妥協と怠慢)

 ただ、目の前に居候→家族入寮そして実体は「開かれた個室」状態の実例がいるのに、「今年から家族入寮は個室をもらえなくなったからこの記述は現状にあっていない」と素で言える方もどうかしてると思う。
 あー。いままで議論にコミットしてなかったツケがこんなとこででてくるとは。
 あざ笑うのは簡単だが、実際にただすのはなかなかむずかしいし、そのスキルが自分にたりなさすぎる。


2002/01/31 

 週記になりつつある今日この頃。

 文化部室の486マシンが重たくなりすぎたので、Windows95 をいれなおそうとしたが、ゴミでひらってきていた SCSI のCDドライブがこわれたらしく、CDを読んでる途中で止まり、やがてよめなくなった。しかたないので、FreeBSDをネットワークインストールしようとしたところ、どうもうまくいかない。getしてる最中にインストーラがおかしいのか、パスが正しく指定できず、あきらめる。キープしていた他のゴミマシンをもってきたが、これはもっとダメで、なにもできないことがわかったので、とりあえず、これからいろいろ部品を抜き出して、CDを486マシンに取り付けふたたび win95 インストールに挑戦。マスタースレイブの設定次第で起動できなくなるのでいろいろ実験して何とか起動させ、インストールした。はぁ。486マシンでNECの98なので、他にもいろいろ設定とかしなければいけないところ、PC98関係のファイルはほかしてしまって今はない。それを探すのが大変だった。けっきょくみつからないのがあった。これだけに三日ほど費やした。ほかに、人のマシンのOS入れ替えを二台ほど手伝っている。
 なにしてんだろ。

 ADSLになって、使用状況の管理ができるようになって、しばらく。寮内LANの状況がいろいろわかるようになった。IPアドレス衝突の報告。不正使用者かとおもいきや、芋蔓式に割り当てと違うアドレスをつかっている人がみつかった。IPアドレスの分配が杜撰なときがあって、混乱の原因になっている。むーん。
 まぁ、まぁ。


2002/01/24 

 あー。いろいろとイヤになる物を見つけた。これ
 ただのグロ写真ならいいんですが、なんか、日本中傷につかわれてる。
 半島でつくられて中国に流れてその掲示板に貼られた物だろう。まぁ、中国には「日本人」が嫌いな人がたくさんいるからしかたない。
 でもね。したのほうに、「日本人はこんなことをするから我々とちがって人間じゃない」とまで書くのはどうかと思うね。この写真にでてるのは、あなたと同じ「中国人」だと思うんですがね。
 まぁ中途半端な理解でアフガンやアメリカのことをいろいろ言ってる自分を振り返れば人のことは言えないんですが。
 まぁこれくらいのグロは何ともおもわんけど、そういうところでいろいろイヤになったわけです。


2002/01/23 

 ひともすなる日記というものをわれもせんとてパソコンのまえにすわる。
 ひさしぶりに。
 いや、パソコンは毎日さわってたんやけどな。

 『タリバン』読書中。

 SRR速読教室。まぁリハビリみたいなもんだ。
 ちょっとやってみたら佳境でねむくなる。ホントにダメだ。

 なんか、パソコンの前のちいさな机のうえに細くてながい一本の毛があって、これは何の怪異かとおもったけど、ながいといってもそれくらいの長髪で部屋に入ってきそうな男は心当たりがあるので、まぁそれほどの不思議でないという結論に達した。


2002/01/10 

●[ニュース] アメリカ軍アフガン周辺に長期駐留の方針
 [感想] 軍閥の時代だよ。軍隊と経済界がむすびついて戦争を起こす時代。戦前の日本だって国内では平和と繁栄を謳歌し海外のことには無関心だったからなぁ。当時も軍縮の必要性が叫ばれ、アメリカ主導で海軍縮小などが決められていた。そこへ大恐慌が起こった。軍隊は組織の存続を求め、経済界は活路をさがした。ただまぁ当時と違うのは当時の日本は五大国の一つにようやくなったところの振興国家だけど、今のアメリカはとりあえず世界一の大国。当時の日本を破ったアメリカのような存在が今のアメリカにない。中国はどうかなぁ。これから世界の工場になると目される中国。
 今回の軍事行動の眼目は中国封じ込めと中央アジア資源権益の確保なわけで、その目的はかなり達成できた。
 よかったね、というとこやけど、なんか、気にくわん。
 道徳とか倫理とか政治的理想とかは所詮は虚構なわけです。法律とかも全部虚構。ただし、さだまった実体がないという意味で虚構なだけで、それは人間という複雑で中途半端な機能を持ったものの不安定な集団をなんとか安定させるためのシカケとして、維持する努力がみんなによって不断になされているからこそ存在できる。
 ただまぁ、虚構なので、戦争屋とかはそれをうまく利用して目的を達成しようとする。それだけでなく、そういった虚構にかくれて実際には極悪非道なことでも平気でやる。そういう、わかっててやるとこが気にくわん。
 そういったことが虚構であると気付かずにひどいことをする人も好きじゃないんですが、気付いてわざとやる人はもっと嫌いです。
 とは言っても人間というのは半分虚構に頼って生きているし、「文明化」されればされるほどその割は大きくなるのでしかたないのですが。

 あぁ。だから野人なのか。
 しかもそういう虚構に対してビクビクしてる気のちいさな野人だな。生きていけるのか?

 あぁほんとにガキっぽいな。自分でかいてて情けなくなってくる。


2002/01/09 

 やっぱりやる時間なんかないから、単位を確保しに行く方に決定。
 なんでこう、意味もないことにこだわって、方向を見失うんだろう。
 まぁとりあえずそういうことだから、院なんか行かずになんとか卒業することにしよう(方針)。で、今年卒業できないのは自分の気性から出たあやまちで、いまさらどうしようもないが、単位をそろえておいて、来年学校に行かずにすむようにしよう。
 本番回避の悪い癖。本当にダメだ。それも全然わからずにやってるんじゃなく、半分気付きつつやってるから心底ダメだ。まぁとりあえずそういうことだ。

 で、ちなみに、こういうダメなときは全然金を使わない。いいのか悪いのかわからない。
 モチベーション以前の問題だ。こりゃ。


2002/01/08 

 [ニュース]アメリカ中東軍司令官はトラボラ地区でのオサマ=ビン=ラディン捜索を近く打ち切ると発表した。
 [感想]なぜアメリカ軍はオサマ=ビン=ラディンがトラボラにいると決めたんだろう。いろんなニュースがあったけど、北部同盟とかは南部にいるはずという立場を取っていた。そもタリバンでさえどこにいるのかつかめないといっていたのに、なぜトラボラだったのか。(この文、途中で放置)


2002/01/07 

 とりあえず適当でも何でもいいから卒論をかいとくことにした。
 それならもっとはやくやりゃいいのに。やっぱりバカだ。

●放送
 日文研の講演  河合隼雄の講演て漫才みたいでおもろいな。


 こんなことやってるうちに一日が終わって卒論にも手がつかずヘタレで終わるのかな
 あかんあかん。クソでもカスでもいいからなんかかいとこう。


2002/01/05 

●年賀状
 人づきあいが悪いので年賀状なんかこないと思ってたら、一枚だけきた。旅行者から。それも手作りのはがきで。
 年賀メールが何通か来てたので、返事の年賀状を書くべく、添付する絵でも描いてたら、そこそこできあがったところでソフトがフリーズしてしまった。数時間の苦労が・・・。
 しかたなしにその後描き直して出した。

●鳩
 その絵を描いてる最中にSが鳩を持ってやってきた。パチンコでとった初めての獲物だという。
 で、それを殺して料理すると言うことを初めてやった。胸に指を突き刺して、心臓の周りをつぶしたときには自分の胸に重い物を感じた。
 で、肝心の味ですが、あんまり味しないです。

●お絵かきソフト
 割れずサイトと言うのはWinMXの登場で、はやんなくなったと思ってたけど、どっこい外国にはまだまだたくさんあった。まぁそれでその。
 まぁ、あれもレイヤーに対応して描きやすくなった。レイヤーには水彩できないのでまぁなんですが。全部英語なんでよくわかんないと思ったけど、そんなこともなかった。だいたい、凝ったことなんかしいひんし、最近は使ってなかったからいっしょだ。
 それにくらべてホトショプはいろいろと使いにくくて、写真の編集ですらこっちでするんですが、それは変なんですかね。

●昨日のつづき
 日本の在来のコミュニティの形のひとつに、講とか株とか言うのがある。うちの辺には株というのがあって、生活の互助組織として機能していた。葬式とかには人手を出して助け合うのである。観音講というのもあって、それはおばはん連中が月一回くらい講の中の人のいえにあつまってなんかお経らしき物を読むというもの。これは地域によって違いがあり、様々なバリエーションがある。
 なかには、「無尽(むじん)」とか「頼母子(たのもし)」、「もやい」というのもある。これは金が絡んでくる。しりあいが何人か集まり、月に一回くらい集まって、そこでみんな掛け金を出し、必要な人が総取りする。取った人はその会にその後もはいり、掛け金と入札金を払うことで返していく。急な金が必要でない人は、その金を総取りするのが後になるが、後になればなるほど他人の入札金でもらえるお金が増えていく仕組み。一巡りしたらとりあえず終わり。急に金が必要になった人を助けるためのものであるし、また、親睦を深め、情報を交換する意味もある。
 むかしは日本中でおこなわれていたらしく、つきあいの無尽という形では、愛媛の今治、山梨の甲府、福島の会津若松などで今も盛んである。沖縄では「もあい」が沖縄経済の重要な部分を占めている。お金の扱いなどに独特な技術が必要なことから、無尽を専業に扱う人も出てきたが、明治以降西洋式の金融システムに置き換えられてゆき、現在の第二地銀になっていった。
 宗教的な講の持つ似たような機能としては、お金を積み立てて、その中の一人がお参りに出かけるというのがある。これは現代でも残っている。みんながお金を出してつみたて、その金で旅行なりなんなりするという形で。(つづく)


 のんきに日記かいてたけど、これでもう一月六日やんけ。六日といえば、日曜日。日曜日といえば、アルバイトの日。そして、六日は朝から二十四時間。起きれるのか?


2002/01/04 

 地域通貨というのがある。労働や作業、物を互いに交換しあい、その決済に地域通貨をもちいるというもの。価値は自分たちで決め、たくわえても利子はつかない。調べてみたら、1980年代からのはやりらしい。それが注目されているのは、収奪の手段でしかない国家通貨に対抗する、とかいうのではなく、それこそ「地域」の再生が眼目のようだ。
 80年代なかばにカナダで地域通貨の一つの主流、LETS運動を始めたイギリス人がいる。ところが、国家通貨を補助するために地域通貨を取り入れたカナダではあまりはやらず、地域のコミュニティの再生手段として、オーストラリアやイギリスで広がりを見せるようになった。
 日本でも、新興住宅地や、過疎でふるい共同体が崩壊しつつある田舎などで試しているところが多い。地域通貨にもいろんな形があり、労働だけのものから、物も買える物まである。純粋に人に何かをするための手段の出現に正直言って価値観を揺さぶられた。
 まぁそれはそれとして。欧米社会での地域通貨は十八世紀に数例あり、その後、1916年に基本理論となるゲゼルの『自然的経済秩序』が出、1930年代、大恐慌の時代に注目された。その後、世界景気とアメリカ・ソ連の二大「主義」国の対決の中で忘れられていった。80年代になってふたたび日の光が当たるようになったのもソ連流社会主義の行きづまりのせいかもしれん。
 日本の在来の地域社会の要素のひとつに、講とか株とかいうのがある。それらは宗教的であったり、地域社会的であったりする。(つづく)

UN puzzled by new Afghan refugees
 国連は新しい難民が発生していることが理解できないそうだ。


2002/01/03 

 こんばんわ。卒論の締め切りを一週間後に控え、すでに書くことをあきらめて、しかもそのことに後悔して、これからのことを検討しているバカですが、いかがおすごしですか。
 それで、今まで単純にボーっとしてこの始末を迎えたのかどうかが気になり、日記を読み返したけど、一応なんかしてたのでまぁよかった。まぁ、アメリカにあてられてボーっとしてた期間がちょっと長かったんだろう。でも、そういう、風に吹かれて右へ左へという性格では何の実もならん。枯れて死に絶えるのみかぁ。

 古い方のハードディスクがうるさい。たまにしかつかわんので、よけいにうるさくきこえる。

 S24にいくと正月のせいか本来の住人は誰もいないが、ヘクチンがひたすらときメモをやっている。このゲームのことはよくしらんかったけど、きいてみるといろいろ理不尽なゲームらしい。

  1. 女子とまんべんなくつきあわないと好感度がさがる
  2. どんなにあるひとりとのつきあいがふかくなってもそれはつきあっているとは言わないらしい
  3. 最後に結果が出る
 なんか、他の事象のシステムをもってきて無理矢理恋愛ゲームにしたような感じだ。そういうとこがいいのかな。
 ゲームに熱中できるのも一つの才能なんかな。

2002/01/02 

 お正月ですな。

●ハードディスク
 年末にいきなりハードディスクが壊れた。正確に言うと壊したんやけど。
 今あるコンピュータは人のマザーとCPUを元手にして、いろんな部品を寄せ集めて作ったものなので、いろいろうさんくさいものも混じっている。いまだにサウンドカードはISAバスやし。今回気付いたのはIDEケーブル。真ん中の端子がマザーボード寄りについてる。これに惑わされてあれこれ差したり抜いたりしてるうちにピンが引っ込んでしまい、勢いで引っこ抜いてしまった。

 とりあえず見事にもげてます。もげたうえに二つにおれてどうしようもないことこの上なし。やっちゃったものは仕方ないので直すわけですが、そのときは夜だしやる気がでなかったので、翌日の二十四時間バイトの後やることに。
 
とりあえず、基盤をはずしてピンを差しやすくし、ピンを差しておりまげ、基盤を取り付けて最後にハンダ付け。仕上がりはこんな感じに。あーつかれた。
作業風景


2001/12/26 

 「彼らはなすべき事ができず、そのような目標を追求することは到底できないと心から感ずるほど弱かった。」「それで神は、砂漠に留まるよう彼らを罰された。」

 「被征服民は物腰・服装・考え方などあらゆる風俗習慣について、征服民の様子を熱心に模倣しようとする。」「恭順は敗者の劣等感によるものではなくて、征服者の完全さに由来するのであると誤って想像している場合もある。」「そうして、その人は征服者のあらゆる仕方を採用し、征服者に似せようとする。模倣とはこのことなのである。」


2001/12/25 火

●健忘?
 二十四時間病院宿直の最中のできごと。
 机の上をふと見ると、一時間くらい前のメモがある。急患の電話を受けて、当直の先生につないだ旨書いてあるが、まったくみおぼえがない。そのうえおもいだせない。とりあえず当直の先生に連絡してみると、その後のことをおしえてくれた。書いてあったことと、聞いたことをあわせて、事態がこのように推移したんだろうという、事態の再構成はできるが、肝心のナマの記憶がない。
 状況証拠は明白だが、直接の証拠が頭の中にみつからんのだ。
 こんな風にして死ぬまですこしづつ能力を失い続けるのか。
 むーん。というより、この場合、積極的に能力を失おうとしてるのかもしれん。心の奥で。日常で直面したくないことを忘れよう忘れようとしている? いやなことはすぐ忘れる方やし。

●クリスマスイブ?
 二十四時間病院宿直からかえってくると、受付前でクリスマスイブのあやしい集まりをやっていた。ケーキに線香をさし、ガンジャの偽物をすい、チベット仏教の音楽が流れる中で酒を飲む。やけっぱちとしか思えない。
 自分は当然こんな日に何の用もないから、とりあえず、ガンジャのマガイモノを吸ってみていたが、それがマガイモノとはっきりわかってから、酒を飲んでみた。
 それなりに楽しくやっていたら、中核がひとりやってきて、居座って、楽しみにくわわるんでなく話をしようとしだしたので、Y田が説教モード。盛り下がりまくり。何回か中断させて、その中核に帰れ帰れといってみたが、とにかくかえんないし。
 Y田が酩酊モードに突入。その中核坊主にからみだしたので、M田がY田をおさえてる間に、おまえのせいで楽しみも台無しださっさと帰れ二度と来るな、というようなことを言ってかえらせた。
 あとで、その中核坊主は最近なぜかちょくちょく来るらしいということがわかって、すこし言い方がひどかったかな、と反省。
 その後あらわれたM本がカラオケにさそったので、男二人でいってきた。
 何でこんなこと詳しく書いているんだ。


酔ってます。
誕生日らしい。
それから歓送迎会もかねてるらしい。
とりあえず。
酔ってます。


2001/12/22 土

 論説要約
 臆病者は戦争をおこして無辜の者を殺す Seumas Milne ソース Guardian
 アメリカ国防総省やアメリカのマスコミは、アフガニスタン人の被害について報道しようとはしない。一方で、アメリカの大学教授が3767人という最低限の推定値を出した。これは、同時多発テロで死んだことになっているの人の数(3234人)よりおおいし、負傷者でその後死んだ人、戦闘で死んだ人、爆撃によって難民になり、そのために死んだ人、捕虜になって殺された人などは入っていない。
 アフガン人がむやみに死んだのはアメリカの戦略と攻撃のせいである。にもかかわらず、アメリカ政府はアフガン人の死に気を留めることはないようだ。先日、国防総省長官も、この戦争がテロリストにたいした影響を与えなかったことを認めた上、さらなるテロを示唆した(戦争継続の必要を訴えている)。アフガン人の死に対して何の哀悼の意も示さないばかりか、「臆病者の戦争」のために、もう数千人をいけにえにするようである。

 要約しすぎたかな。
 それから、「臆病者の戦争 a coward's war」は冷戦にかけてる。たぶん。


2001/12/21 金

 operaで見えないのはこの日記だった(>12/19)。文字化けがどうとかこうとか言うのとちごた。ちょっと反省。背景の色指定を適当にやってたのが原因。それで、中途半端な黒色にしてみた。


2001/12/20 木

 カンダハルのリキシャマンのぼやき
 彼の言うところによると、11/26の夜にビン=ラディン一家はイラン方面に逃げたそうです。
 どこまでほんとかわからんけど、とりあえず、カンダハル近くにアラブ人の集団がいて、普通に暮らしてたこと、彼はその中の一人がビン=ラディンの息子だと思っていること、そういった集団がいてもアフガン人は難民だと思って格段気にはしていなかったこと(難民が日常的な存在だった)、そして、かれらは11月末にイラン方面へ逃げると言い残して消えたこと、という状況がわかる。

 リンカーンが閣議で内閣の反対にあった時、「反対七、賛成一、よって賛成に決しました。」といったという話は何をいいたいのかよくわからんかったけど、アメリカの内閣というのは、大統領の部下でしかないということがわかったので、わかった。
 何でも制度史からはいるのは癖かなぁ。

 日本のアフガン関係のもので、「クンドゥズ」を「クンドース」とかく理由の一つがわかった。<11/26
 ADSLでよろこんで、アホみたいにダウンロードしてたけど、そのなかに、世界の古地図というのがある。なかに、大英帝国謹製のイランアフガン全図が。クンドゥズ地方の表記が、"Koondooz"となっていた。"oo"には「うー」という読み癖があることを知らない人はこれを見て、「コーンドーズ」とよむにちがいない。でも、なぜ、「ス」なのかは依然わからない。


2001/12/19 水

 上海のコスプレ  

 Operaでこのサイトを見ると文字化けするのは、

 というような理由による。

 李さんは身だしなみがいい。なにか香水のようなものをつける時がある。整髪料? 香りがきつくてつらい。勘弁してほしい。

 しかし、ケツに火がついたのは仕方ないとして、それに気づいてどうにかしようとしても、心ここにあらず、気はそわそわ、手のつけようもない、そんな状態に追いこんだらますます仕方ない。とりあえず、いままでどおり、気の向いたようにするしかない。
 あせってもなんにもならん。

 ということで、アメリカについて調べてる。
 卒論書けないのは仕方ない。いまさら性格改める気もないし。中途半端よりはむしろ突き進む方がいいのではないか。その方が気が楽やし。
 卒業のことと来年度のことはそのうちかんがえよう。
 とりあえず、おもしろいでアメリカ。


2001/12/18 火

 むーん。ケツに火がついてきた。

 卒論て三週間で書けるもんなんでしょうか。
 あきらめたらダメだ!即図書館だ!資料探しだ!

 おいこまれないとやらない性分は死ぬまでなおらんのかな
 おいこまれてもやらない・・とか。
 むーん。それなら死んだ方がマシだ。穀潰しが一人減る。

 そういうことを考えると、こういうとこでダラダラ暮らしてるのがもうしわけなくなってくる。さっさと出よう。


2001/12/16 日

 実験記録 566576KB(Windows) 8200sec(70752B/s)非単独?


2001/12/15 土

 鶴橋には密造マッカリはなかった。あるのは輸入品ばかり。
 地下鉄の駅にまで焼き肉の炭の香りがただよっていた。

 食い過ぎると全然酔わないのでよろしくない。

 はぇぇぇ。むちゃくちゃはぇぇ。
 これ寮内?


2001/12/14 金曜

 ADSL用の電話線が来た。工事の人がきて、大学の交換機から引くかどうか検討したりいろいろやってたけど、結局近衛通りから直接電話線を引くことになった。めでたしめでたし。というのは、近衛通りから引くと、基地局の向かいの電柱から引くことになり、かなり距離がちかくなる。最短距離でひいたようなもんだ。その距離数百メートル。さぁどうか。
 でも、まだプロバイダとの契約ができてないので、とりあえずNTTとはつながったけど、インターネットに出られない。無意味につなげてる状態。
 クレジットカードはうっとおしい。
 こういう状態で早さとか計れへんにゃろか。

 はじめてamazon.co.jpで本の注文してうけとった。はやい。たったの一日で届いた。
 『巫師はしばしば推量と仮説に逃げ込むが、それはできもしないのに、超自然的なものを把握したいと望み、彼に予言を求める人々を欺こうとしているからである。』


2001/12/13 

 これの要約をつくろうとしてたけど、やる気満々な時に李さんがしきりに話しかけてきて時間を食われたので、やる気がなくなった。

 パウエル 国務長官(日本でいう外務大臣) 多国間協調派 バリバリできる人 アメリカの良心 軍人出身 ベトナムでの実戦経験あり メディアとのつながりつよし

 チェイニー 副大統領 タカ派
 ラムズフェルド 国防長官 タカ派
 ウォルフビッツ 国防副長官 バリバリのタカ派 イスラエルとのつながりあり イラク空爆をもっとも激しく主張

 ブッシュ 大統領 分不相応 よきにはからえタイプ 石油業界や野球とのつながりあり
 ライス 大統領補佐官 側用人 超秀才 どんな議論でも簡単に要約して大統領に見せれる人 おかげでパウエルの影が薄くなる

 この、アフガン戦争の戦勝ムードのなかで、パウエル国務長官の国防総省に対する発言力が低下しているそうだ。ABM条約のあれとか、パウエル的選択肢でないもんな。今のところは引くしかないのか。で、ババを引かされて、ブッシュの尻ぬぐいをさせられるとか。イヤァ大変だパウエルさん。


2001/12/12 

 二日酔いで死ぬ。

 夕方になってようやく動けるようになった。
 キンザザ。まさに中央アジアのような。


2001/12/10 

 うーんと今日は何したっけ。宿直から帰ってきて、歯医者に行って、アフガンニュースをイロイロ見て、CDを四枚ほど焼いて、昼寝して、宿直の間に書いたLANむけ文書の検討をしてもらって、飯食いにいって、コンと次の酒行動の予定をきめて、そのビラ書いて、鶴橋のことをイロイロ調べて、今に至るか。
 たのしいけど、うすっぺらい。


2001/12/09 

 二度手間感てそうゆうことか。
 まぁしかたないか。

 freeBSD入れようとしたけど、パーティション切っといたつもりが、ドライブとパーティションは別と知りガッカリする。
 なんでドライブが別なのにパーティションは一緒ということが起こるんだ。
 そのうち新しいHDDを買いに行こう。

 中村哲講演会に行ってきた。
 地道に仕事してる人の吐く言葉は実があり強い。
 全動産の1パーセントを寄付してきた。5パーセントつっこみかけた。

 今日も宿直。


2001/12/08 

 『幸運女神』にでてくる「佩歐絲」の属する組織は「地球援助中心」。
 日本語で言われてもわからん問題のために、わざわざ中国語 google でしらべまわってなんとかわかった。ふー。
 さぁこれはなんだ?
 答えは最後に。

 中国連環画サイト発見。登録しとくとダウンロードできる。
 これ
 登録は「注冊」、ログインは「登録」であることに注意。

 物覚えがわるくなった。元からその傾向があったから、それを認めたのが後押ししたのか。
 頭も悪いし。というより、分岐がすくない。
 ん?
 最近になって頭をつかわないといけない局面が増えてきたからそう思うなら、いいことだ。そうでなく、状況は同じで、能力が落ちてきたなら憂慮すべき事だ。
 で、それをいうと、最近は前ならしないことをするようになったので、まぁ、いいことにしとこう。

 超をつかうようになったのはいっぺーの口癖がうつったのだ。まちがいない。

 あぁ女神さま、ペイオース、アースお助けセンター。


2001/12/07 

 ADSL用に郵便局の口座を開いた。自分名義。

 LANのサーバを目指してあたらしくコンピュータを買ったのはいいものの、買ったマザーボードがなんと十二月の新製品で、そのせいか、うまくfreeBSDがはいらなかった。横で見てただけやけど。

 夜、クマノ寮がせめてきた。あいつらやりすぎ。寮が壊れるやんけ。コンクリのなかに住んでる奴らはどうしようもないなぁ。

 ゼミの打ち上げが今日あることを昼、学校に行った時にたまたまおしえられたけど、後期は全然行ってないのでなんかうしろめたく、コンピュータ関係のことを言い訳にしていかないことにした。


2001/12/06 

 ここ最近の状況
----------
四日
 昼 すぐ横にあるNTTのショールームに行って情報収集。
   はなしあい。レジメ補正。
 夜 LANに入っている人を集めて周知。十人あまり。
五日
 昼 ADSL業者、プロバイダなどの検討。
 夜 寮の定例総会で回線を引くことを通す。
六日
 朝 起こされて英語の試験を受けてくる。
 昼前 寮務に行ってこれからのことを相談。
 昼 すぐ横のNTTショールームで申し込みをしようとする。が、情報不足でやめる。
 夕方 NTTの賀茂営業所に行ってADSLの申し込みをしてくる。工事は十四日。
----------
 こんなにはたらいたん初めてや。

 酔っぱらって字を書いた。

 酔っぱらって、人がゲームをしているのを見た。
 ゲームて苦行やな。
 やればやるほど何らかのステージがあがったりするのかな。


2001/12/03 

 今日、寮務に行ってADSLの話をしたら、今ある回線をADSLにするどころか、ダイヤルアップ目的でその回線を使うこと自体ダメだが、あたらしく電話線を引くのはかまわない、という話になった。いままでの前提を根底からくつがえす話で、ショックだった。そのまま時計台前のクマノ寮祭コンパの席にいってビールを飲み、グデングデンに酔ったまま講義を受けたほかはそのことにかかりきりになってた。さっきまで総会用のレジメをきりなおしてた。今すでに四日の朝五時だが、とりあえずこのまま寝て、明日はNTTにいってはなしをきいてくる。あぁ。オレの卒論はどこ?


2001/12/02 あさ

 土曜日は朝から停電していた。作業中に停電してショックだった。

 キンシ正宗の堀野記念館にいった。
 こんなちかいところにこんなモノがあるとは知らなかった。
 江戸時代につくった酒蔵がひととおり残って公開されている。現在は操業していない。で、そういうところだとおもってたから、酒が飲めるとは思ってなかった。のめたけど。
 とりあえず、マサシの足はくさいということだ。相部屋には絶対なりたくないと思った。

 今度は雄鹿だった。
 今度は皮剥・解体ともに手伝った。センマツ部屋でおいしいとこだけつつましく食った。
 で、メキシコ土産のテキーラをみんなが心配するほど飲んだが、すこし酔っただけで、あんまりたいしたことなかった。
 たぶん、何か発信するようになったらでてくるんだろう。
 うーん。すぐ顔に出る体質はかわっとらんが。

 今日はまた病院バイト日直・宿直連続入りだ。もうそろそろ行かねばならぬ。
 それから、李さんの日本語検定試験がある日でもある。がムばてーネ


2001/11/30 

 おぼえがき
 バッチャサカオ Bacha-i-saqao, Bacha-e-saqaw, Bacha-e-saqqaw には Habibullah karakani という立派な名前があるが、Nadir khan が反乱者をおとしめるためそのように命名した。

 『歴史序説』、地理の説明のところで引っかかって全然進まない。こういう時はとばして読むべきか?

 一月十一日が卒論提出締め切りなわけですが、アフガンに興味が移って以来なにもしてません。ダメダメですな。で、アフガンで何かできるくらい調べてるかと言えばそれほどでもない。ダメダメですな。
 とりあえず、ネタ。資料をもうちょっと探さないと、なにもできない。
 『歴史序説』を読んでから・・・とか思ってる間に時間は過ぎていくのですね。
 というか、あそびすぎ。

 水滸伝部分もほったらかしやなぁ。
 のせるつもりで訳してた文章もほったらかし。
 どっちにしても、文簡本は相当ほったらかしです。
 あーうー。


2001/11/29 

 鹿の脂で気分がわるい。

 特定アドレスのパケットを通さないようにさせるやり方をおぼえた。それで、ダウンローダを使っていると思われるIPを通さないようにしてみたら、一気に回線が軽くなった。あぁ気持ちいい。サイコー。
 これから、回線を超重たくするヤツにはこの罰を与えることにしよう。

 ダイヤルアップルータには、ログを取る機能が付いている。ただし、ログといっても、電話をかけたり切ったりするのに関する報告しかとれない。
 切れている時、LANの方から要求があるとつながる設定にしている。そして、どのIPから要求が来たのかだけは、ログがとれるようになっている。ダウンローダをつかっていると、しつこく要求をだすから、頻繁に電話を切ってやると、ログにあらわれやすくなる。回線が異常に重たい時にその操作を加えてみて、何回もログにあらわれるIPがあれば、そいつが原因とみていいだろう。
 ただ、あんまりしつこくこれをやると、相手も、割り当てられていないIPをつかってみるという手を出してくるとおもうので、ほどほどにしないと。
 たとえば、自分が用のある時だけとか。
 まぁそういうIPもつかえないようにしとくといいわけですが。
 そういうふうに管理しとかなアカンのかなぁ。


2001/11/28 

----------------------
 英語ニュース要約

 次はイラク? ソース
 アメリカの右派はイラク攻撃を当然の事のように語り、ブッシュ大統領も先週末、イラクを「悪」と表現し、大量破壊兵器保持の罪をいいだした。
 「アメリカによる世界新秩序建設のためにはイラクは避けて通れない道だ」という声もあるが、一方で、パウエル国防長官のように慎重な声もある。「どうやってやるんだ?」
 「フセイン退治をいいつのる人たちがいるが、私にはそんな計画はない。」
 右派の人たちは、フセイン政権は崩壊寸前で、空爆するだけでたやすく崩れると思っているらしい。
 他に標的はあるだろうか。
 北朝鮮もやはり大量破壊兵器の件で糾弾されているが、ソウルにいる四万の米軍は北朝鮮のミサイルの射程内である。
 シリア? ワシントンはイスラエル問題解決に本気で取り組むつもりはないだろう。
 ソマリア・・・にはテロ支援国家といえる政府組織自体がない。
 イラン? 右派の超強硬派でさえためらう難しい相手だ。
 ということで、視点はイラクに戻ってくる。大ブッシュがやりのこした難しい仕事へ。
----------------------

 鹿だ鹿だ鹿パーティーだいぇーい。

 たらふく鹿を食いました。
 でも、そのせいか、酒を相当飲んだのに、あんまり酔わなかった。


2001/11/27 火

 うちのページにはアクセス解析がしこんである。これ
 誰が来てる(IPアドレス)と言うことはわからないが、リンク元(どこからリンクをとんできたか)が知れる仕組みになっている。
 全然リンク元の数が増えないので、同じ人が毎日のように見てるのは確かなようだ。
 で、今回、ひさしぶりに変なサイトがリンク元に出てきた。たぶんキャッシュに残ってたのがリンク元として送られたのだろう。
 アニメ好きのロシア娘のサイト
 ロシア語読めません隊長!
 日本語のページというのがあって、メッセージが少し読める。
 1981生まれの彼女は日本に渡ってアイドルになりたいらしい。
 ここに写真がたくさん。
 ロシア人の表現のしかたはよくしらんのやけど、ちょっとこの人は・・・。
 自己顕示欲が強いのか?お金持ちのお嬢ちゃんだから万能感がぬぐえないのか?
 まぁいいや。

 英語を読むのをめんどくさがる自分がいる。
 この、めんどくさがる感情は何に由来するのだろう。
 だいたい、背中の上の方から首にかけての倦怠感を伴う。
 なんかあるなぁ。

 鹿鹿!

 李さんが電気ストーブを燃やした。
 さらに、となりの部屋では、枕をこがしたという。
 下手なマンガでインチキな人相見に「今日は火難の相が出ておる」とでも言われたような日か。
 今日だけやったらええんやけど。


2001/11/26 

 メモを取りながらでないと本が読めない人間になってしまった。

 あー腹が立つ。何が腹が立つといって回線の遅さに腹が立つ。
 このべったりとした遅さはだれかがダウンローダを使ってるに違いない。あー、腹が立つ。ダウンローダは、本人がそこにいないから遅さを体験してないと言うところが憎い。おれはニュースを読みたいだけなんですが。なんででてこないの。こら。
 一つのIPからのセッションの数をなんとかして制限できんかな。

 いっぺーは、IPアドレスが抜けたところをそのまま放置し、あたらしい人にはどんどん大きいあたらしい数をあたえている。いまは98までいっている。
 この方針について、「とりあえずやってみてるだけだよ」と軽く言って見せてはいるが、そういう方針を決めたと言うことは重大だから、そういう方針をやめると決めるまでマシンのように方針を貫くにちがいない。
 オレみたいにいい加減で適当な人間にはマネのできないことだ。
 でも、後継者もオレが適当に決めないといけないのかな。

 在パキスタンのアメリカ大使が断食をやってみてるそうだ。
 でも、不評らしい。
 「単なるジェスチャーだ」「イスラム教徒の連帯を壊そうとするアメリカの戦略だ」「ご機嫌をとるなら、アメリカで証拠も無しにとらえられている多数のムスリムを釈放するべきだ」
 パキスタン人はアメリカ嫌いがおおいしな。
 まぁ、アメリカのやることはみんな下心があるとおもわれてもしかたないわな。
 ソース

 そやさけこうゆうニュースすら読めんのだけは勘弁してくれ。
 掲示したのももう効果無しか。はぁ。
 だからセッションさえ制限すれば、セッションの数の前にはダウンローダもプラウザもメーラも平等だから、こんなイヤな思いはしなくてすむに違いない。できたらな。
 てゆうか特定さえできれば、いいくるめるなり、そいつのLANケーブルをまめに引っこ抜くなりするだけの話なんやけどな。あぁ。

 毎日新聞だけクンドゥズをクンドースとかいていた。なぜだろう。
 英語ニュースでは Kunduz だ。手元のイラン製アフガン地図では、Qonduz となっている。ペルシア文字でも、Q,N,D,U,Z もしくは Q,N,D,Z とならんでいる。
 ところが、てもとの本では少しかわっている。長倉洋海『マスードの戦い』河出文庫では「クンドゥス」、松浪健四郎『アフガン褐色の日々』中公文庫では「クンドウス」となっている。
 朝日新聞のアフガン関係記事をえんえんとぬきだし、資料にしてネットにおいているところがある。アフガン情報←ここ。それをすこしさらってみると、「クンドズ」「クンズス」というようなのがでてきた。
 むーん。最後のzがなんでスになるのかよくわからん。


2001/11/26 あさ

 宿直は何事もなかった。とおもったら、かえってきて、申し送り事項を一つ言い忘れてたのにきづいた。いまはもうおもいだせない。あぁ。

 25日
 最終日、最後の最後にスゴイ女の人が来た。はじめは「心は純すい」というようなことを書く。お、これは。とおもい、つぎつぎとわたしていくと、書くわ書くわ。誰々へ、何々、という形式。何枚書いたのかわからんくらいかいてた。最後に「書けば書くほど本音に近づく」とあって、打ち止め。いくらかはもってかえっていったけど、これは焼却処分と言って渡されたのがある。
 「別にしっとじゃないわ。くやしいだけよ。」
 「子供に嫌われても気にしないもんね。大人になりなさい。」
 おもしろいので、焼却せずにとってある。

 イブン=ハルドゥーンの『歴史序説』おもしろい。むちゃくちゃおもしろい。


2001/11/24 

 次はイラクかぁ。その次は北朝鮮だろうな。
 少し前に、テロ支援国家を名指しで非難してたもんな。
 まぁそれまでにイラク攻略でこけるんじゃないかと思うが。
 しかし、まぁ、あとしまつをどうつけるつもりなんだろ。たぶんそんなこと考えてないんだろうなぁ。
 北朝鮮ということになったら日本もまきこまれるわな。いやおうなしに。しかもたぶんあとはほったらかしだから、日本がいろいろひっかぶることになるわな。あーあ。

 北部クンドゥズ州にのこる外国人義勇兵について。パキスタンでは、かれらのおおくはパキスタン側のパシュトゥン人の部族の男たちで、実戦経験もなく、聖戦の言葉に惹かれてやってきた人たちだ、ということになっている。ということで、ここの動向もパキスタンの頭痛の種になっているらしい。まぁ。ここ最近の情勢自体が頭痛の種なんですが。

 今日はNFでちょっと調子にのって何人かの客に「もうイイから帰れ」とか「もう来んな」とかいろいろいった。
 いいすぎた。反省。
 言いたいこととかもないのに、たいしたこともない腕前だけを見せたがって来るような奴は大嫌いだ。何回でもできると思ってるから字に風格もないしおもしろみもない。なめてる。といって、そうおもったことを本人の目の前で表明するのはどうなんだろうか。
 寮に半分寄生してるようなヤツがきて、習字のようなことを書くから、もうちょっとマシなことを書けとか宣伝はダメとかいろいろいったら「おもろないんじゃー」とか言うのを書いた。書けるんやんけと思ってしばらく書かせてみたら、なんか今現時点の目の前のオレに対する文句とか泣き言とかの浅ーい事を書きやがる。どうも心を言語化する能力に欠けるうえに、言語化させる努力もはらえないし、そういったことを尊重しない環境ですごしているようだ。まぁ成り行きもまずかったけど。で、しまいには何か書くごとにこっちからけなすようになってしまった。うーん。そこで怒ってケンカになるようなヤツなら、そもそも、そうなるまえに、もっとマシなことを書くと思うので、ケンカにならんのだろうし。かといって、席をたってどっかに行くようなこともしないし。かまってほしいだけなのか?
 ダメ人間がつどう人外魔境吉田寮にしばしば遊びに来るようなヤツだからロクでもない人間なのは確かだが。
 まぁいいか。それはそれで。明日は来ないでくれ。

 基本的に横暴なのかオレは。

 子供に書かせたら、だいたいが素直でいい字を書く。子供最高。

 今日の夜は焼き肉につれてかれた。マンガの手伝いの報酬のうちどめだ。たらふく食って腹がふくれた。


2001/11/23 

 よかったよかった人がきた。午前中は全然こなかったので、どうしようとおもってた。
 なにか胸にたまってる人に書かして楽にさせるのは快感ですな。
 あしたもやろう。
 そうゆう事で今日は宿直の代打ちです。

 あー腹が立つ。なんでこんなに遅いのだ。ちょっとニュースを見たいだけなのに。ルータの設定を変えて、自分だけパケットを通過させるようにしようか。
 こんな思いをするくらいならやっぱり3000円でどこでも使い放題のヤツにしようかとか考えてしまう。


2001/11/22 

 今日は筆部とやらで、人に字を書かせておもしろがっていた。
 知らない人がもっと来て、思いもよらぬ事を書いていってほしい。
 場所が悪いか?
 もっと見えるところでやった方がいいか?
 うーん。

 今日は似顔絵描きはやらへんだけど、ほかに筆で、色つきのうまいのをやる人がいたので、やらなくてよかったかもしれん。

 なんかメールサーバが落ちてる。
 あーあ。


2001/11/21 

 あしたから十一月祭だ。
 今日の前夜祭には教官酒場というのがたつ。大学の教師が学生にタダで酒をふるまうのである。というので、コンとのみにいったが、これ以上なくまずかった。勘弁してほしかった。ああゆう酒ばっかりだったから、酒が嫌いになったのだ。
 あんまりだったので、寮に引き返し、キンヤをつかまえて、ヨンガリへいって、マッカリを飲んだ。うまかった。やっぱり酒はこうでないと。

 ちなみに。ウォッカはソ連の「第一商品」として大量に製造され、大量のアル中を生みだしたそうだ。

 イラクへの空爆計画が練られているそうで。
 アメリカというのは本当に近視眼なんだなぁ。
 こう、「こんな感じ」というのが心の底から理解できない人みたいな。
 目に見えることしか信じない、といい、本当に目に見えることだけで頭が構成されている人みたいな。

 野尻は旅行前とは人間が変わったともっぱらの評判だ。どっかアフガニスタンのあたりで本人はころされて違う人間が野尻になりすまし帰ってきたとでもいうのか。
 仙人っぽいところがなくなって、俗人になってきているらしい。
 まぁでもなんか今日は、自分にまつわるいいうわさがいくつかなぜか耳にはいってきた。
 逆に、裏でどんな風に言われているのかわかったもんちゃうなぁ。くわばらくわばら。


2001/11/20 

 寓話
 トロいサルのまえにいきなりごちそうをおいてみた。サルはすぐに食べない。ごちそうなんか食べたことがないので、ためらっているのだ。ごちそうのそばにいるイヌも気になる。しかし、あまりのいいにおいに目がくらみ、食べたくなったようだ。だが、イヌがさっと食べてしまったのでサルはくるしい思いをすることに。もっとはやくにイヌが食べてしまえばサルがくるしむことはなかったのだが。
 いらんかったら逃げろ。ほしかったら食え。というとこですか。
 まぁいいや。

 面倒な器官だ。


2001/11/19 よる

 妹12人と義兄弟108人は発想似てるんちゃうけ。ある属性のモノを数多く集めたところが。ということは、ふたつあわせて、義兄妹108人の、妹梁山泊とか。ひねりがたらんか。

 今日ちょっと調べたこと。
 柿の渋はタンニンだ。水溶性なので、渋く感じる。このタンニンが変質して水に溶けないようになったら渋くなくなる。
 渋柿の渋を抜くにはいろんな方法がある。

 柿を半殺しにしてジワリジワリといじめると、渋が抜けるらしい。

 うちの部屋寒い。

 ここしばらく体重が増え続けている。週に一キロのペースで増えている。やせ気味だったのが人並みになるのか?越えるのか?


2001/11/19 あさ

 丸坊主のおまじないはきいたようだ。

 宿直でカネの計算を間違える。受け取ったカネが計算より多い。はて?

 さて、歯医者の作戦も最終戦に近づいたようだ。右奥の、旅行中に溶けた歯の治療にはいった。神経むき出しなんだそうだ。どうりで。


2001/11/17 

 あー、でも丸坊主にしたのは早まったなぁ。
 バカだオレ。
 これ、がんばってなにかに昇華しないとキチガイになるぞ。やばし。予想以上の被害だ。
 そういうことをかんがえると、丸坊主にしたのは選択肢を狭める愚かな行為だったと悔やまれる。
 あーバカバカオレのバカ。

 はげてきたから最後に伸ばして遊んでみようとおもってたのに台無しだ。
 まぁ伸びてくるまで待つか。

 うちのプリンターはよく働いてくれるウいヤツだが、不満がひとつある。Windows2000用のドライバーが、メーカー配布のものを何回入れても再起動すると、Windows2000にはじめからはいってたドライバーにいれかわるのだ。しかも設定が初期化されて。これには腹がたつ。
 こないだ、ひとの写真を印刷してみてそれをおもいだした。いれなおしてもいれなおしても、再起動するともとにもどる。勘弁してくれぇ。
1200dpiと豪語してるが、実際は600dpiが限界。そこを、へんな技術をつかって1200dpi相当にしてるけど、それにはメーカー配布のドライバが必要なわけです。
 しかたないので、ドライバの setup.exe のショートカットをつくっといた。

 オレが酔っぱらってるとこばかり(?)写真に撮ってる人がいる。昨日の晩も撮られてたので、ついでにみせてもらった。
 なんか心底たのしそうにしてて、見てるだけでこっちもたのしくなってくる。
 あぁ。オレってこうゆう人だったのか。
 いつも笑顔といわれるのはこういう事か?

 今日の夕方から二泊三日飯付きの病院宿直の旅だ。それ用にイロイロ用意した。とりあえず、今回はコピーしまくってみて、どうなるのか反応をみてみよう、という実験がある。
 それで、今日、寮にいる間にリストをつくっていこうと思ったけど、むこうではたっぷり時間があるから、それは宿直しながらやることにした。


2001/11/16 

 やっとわかった。おつかれさまでした。
 まぁ当初にらんでたとおりになってた。
 チトわかるのがおそかったか。
 めでたしめでたし。一件落着。

 酔った勢いで丸坊主にした。
 六根清浄。


2001/11/15 

 がっかりした。

 詫びが入って気分が良くなったので、ダラダラと、くだらない日記でも書こう。

 柿を干した。
 もうすこし人が来ると思っていたけど、総勢五人だった。受付の若井さんも入れて。
 柿が多すぎる。ほとんど取って各自持ち帰り、のつもりやったけど、そんなにできない。結局160個ほどつくって、うちの部屋の軒先に全部つるした。
 そのあと、遣る瀬ないので、五十個ほど一人で黙々とつくって、さらにつるした。
 いつ頃立派な干し柿になるのかな。

 部屋で一人でつくってたときに七輪を初使用してみた。いい感じにぬくい。火鉢みたいにつかえる。木炭はガスコンロで火をつけた。はじめはなにか目にしみる何かがあった。たぶん、七輪にふくまれる化学物質だろう。
 サトイモをやいてみた。それしか焼くモノがなかったから。最後には納豆をあえてくった。うまかった。よくできる。ただ、外側が黒く焦げるのだけは納得いかん。

 今日の行動は、歯医者 → 柿 → 柿 + 七輪 → 墨 → マンガ →今。こんな感じか。なんだこりゃ。


2001/11/14 

 今日はサントリー京都ビール工場の「こだわりコース」にいってきた。
 普通の工場見学・・・施設を見学してビールを飲むだけ・・・とはすこしちがい、製造途中のモノを試飲できたり、のみくらべたりできる。
 バカ六人でいったのですごく楽しかった。
 お目当ての「麦汁」は素朴な味で、よかった。アレにショウガをいれるとショウガ湯になるような味。それを発酵させたばかりの若ビールはやっぱり刺激がきつい。
 まぁでも、期待のそれはほんのすこしで、あとは、ふつうにのんでいた。のみくらべたのは、モルツ、モルツスーパープレミアム、マグナムドライで、スーパープレミアムがまだマシだった。グルグル飲んでグデングデンになった。かえりには、イズミヤによっておつまみを買い、鴨川で食った。へろへろ。
 とりあえず結論。ビールはまずい。すぐ酔えるけど好きにはなれない。

 夜、マッサージの初歩の講習みたいなのを受けた。そのとき、体は健康だけど、肝臓関係だけがまずい、といわれた。健康なだけにそれだけ目立っておもしろいとか。はぁ。
 ということで、すこしおぼえた。


2001/11/14 あさ

 昨日の夜から今朝にかけて、やすだのかわりにまた病院宿直入ってた。めずらしく何事もなかった。というより何事もないのが普通らしい。

 カブール陥落かぁ

 戦略的撤退かぁ。北部同盟にカブールをあけわたし、内部分裂を誘発させる・・・という筋書きなんかなぁ。
 タリバンがまがりなりにもアフガンを押さえていたのは、秩序の回復を広域に実現したこととアフガン的に不道徳なおこないがすくないから。いまは北部同盟が都市をとっているが、後背である農村、タリバンの支持基盤である農村はどううごくか。タリバンとしては南部の農村で徹底抗戦なつもりかもしれんが、総崩れの可能性もある。タリバンが熱望して得られなかった国際的承認が「新政権」にはえられるし、タリバンは引き続きアメリカの標的になるのだから。でも安定した状況は長続きしないだろう。だいたい、戦争に勝つと、軍隊が増長する。アメリカを見よ。走狗は煮られなければならない所以だ。そして、今のアフガンでは、「新政権」ができたとしても、走狗を煮る存在がない。
 それにしても国際社会というのはひどい連中だ。西欧でできあがった市民社会モデルをどこまでも人に押しつけようとする。すこし昔にはちいさな国どうしでいつ果てるとも知らぬ戦争を繰り広げていたくせに。しかし、そういう分裂を克服した人たちと、分裂のまっただ中にいる人とでは、その時点で最適な政策方針というのは違うはずだ。自分たちはこうだが、あなたたちはこう、というのがない。つまり、他人に対する理解と寛容がない。
 タリバンのオマル師は1996年に「アミール=アル=モミニーン」になった。信者の長。歴史的にはカリフのことである。これは、タリバンのイスラム理解が足りない証拠のひとつとして引用されることがおおいが、それは歴史認識が足りないからだ。イギリスとはじめに戦争をしたアフガン人ドースト=ムハンマドは、カブールの王であり、同時に「アミール=アル=モミニーン」として、アフガンの盟主に近い位置でもあった。王権の確立はイギリスを追い出した後の話だ。オマル師の宣言は、その歴史をふまえ、そういう諸勢力の上にたつスーパーパワーであるという表明、また、あらたな政治体制、イランに近い、聖職者による指導体制の表明でもあった。
 はじめは何でも行きすぎはある。行きすぎたタリバンの政策も、やる気がある証拠としてみておけばよかったのに。要はどうやって軟着陸させるか、だ。隣の国のイランもイスラム革命を起こし、すぐにイラクとの戦争になって、国内的な締め付けも厳しくなっていたが、戦争終わったいまとなれば、そのカゲで教育をしっかりさせていたおかげで、できる国民がふえ、これからの成長がみこまれる。ただ、戦争中に子供をつくりすぎたおかげで世代間の軋轢がはげしすぎるが。
 国際社会というのは上っ面のかたちが大事らしい。かたちさえととのっていればあとはどうでもいい、と。しかもそのかたちは、自分たちの歴史的経緯で決まったかたちでなければならない、と。タリバンだって、アフガンでの歴史的経緯と、その状況での最適解のひとつとしてうまれてきたし、実際成功したじゃないか。
 ようするにどうでもいいんだ。傲慢なんだ。

 『タリバン』読んだ。この人の文章はネット上でかなり読んだので、新知見はすくなく、大筋では新しいこともなかった。すくないカネをはたくことなかったなぁ。

 あぁそれから、李さんの友達がしばらく帰国するそうで、その子の面倒を見てやるとかで、今週一週間いないらしい。しばらくひとりだ。


2001/11/12 

 金に困り、古本屋へ本を売りに行った。二冊が三千円で売れた。さすが高い本だけのことはある。
 そのカネでさっそく田中宇の『タリバン』を買ってきた。
 さすがに他の本を買うのはやめた。
 あぁでもあれとかあれとか買いたいなぁ
 次はどの本持っていこうかなぁ

 また飛行機おちたねぇ

 確認表の提出認められました。すこしへらされたけど。これで、最低一つの講義の単位確保。


2001/11/12 あさ

●宿直中のできごと
こんな電話があった

ピロピロピロ
「はいT病院です。」
「医大の中村ともうしますが、緊急の用件がありますので、当直の先生につないでもらえませんか」
「はい。少々お待ちください・・」

「管理当直の野尻です」
「なにぃ?」
「医大の中村という人から緊急の電話らしいんですが・・・」
「そんな人知らないよぉ」
「じゃぁ切りますね」

「もしもし・・さきほどの当直のものですが・・」
「あ、先生いつもお世話になっています、・」(営業口調)
「いや、管理当直です。さっきの電話のものです。当直の先生は中村という人は知らないそうなんですが・・」
「はい?・・」
「中村という人は知らないそうですからおつなぎできません」
「緊急の用件なんだからつなげてくださいよ」
「いや、だから、中村という人は知らないそうです。用件はなんですか」
「緊急だといってるでしょ。つなげてくださいよ」
「用件はなんですか」
「緊急といってるでしょ。あなた緊急の意味わかる?漢字で書けますか」
むかっ
「・・・・・。カタカナでなら書けますけど」
「あ、そう。医大というのは府立医大のことだよ。わかる?つないでくれる?」
「用件はなんですか」
「だから緊急だといってるでしょ。わかんないかなぁ」
「・・・・。用件はなんですか」
「だから緊急だって」
「用件はなんですか」
「ガチャリ」

 こうゆう目にあうと腹立ちのあまり体がふるえてしまう。
 電話なんかもってないからな。電話の対応になれてない。
 まぁでもようやくなれてきた。責任のこなし方とにげ方がわかってきたから。


2001/11/10 

 建仁寺へ行った。五山のひとつ。祇園のこんな近くにこんなモノがあったとは・・・
  
 こんな感じ。プランは四角かった。

 ここで書道展があるというので行ったんやけど、そのまえに、書画のサークルの発表会みたいのをみつけたので入ってみた。
 いやぁ。うまかった。笹とか。むんむん。
 でも、中で、特に目を引いたのがマルに目がふたつついてる絵。こどもがクレヨンでなぐりがきしたようなものを筆で描いている。これがおもしろかった。あれはなんだ?孫の描いた絵を手本にしたのか?
 書道展もそれなり。いやいや。鍛錬要るなぁ。

 寺の片隅に保育所みたいなところがあった。そこの前に変な木が生えてた。
 
 これが花?だという。右はその花を分解してみたところ。中に種が入ってる。
 カンレンボクというらしい。中国名「喜樹」らしい。
 しかし、こどもらはバナナの木とよんでいる。

 夜、はじめてデッサンというのをやった。
 おもしろかった。
 あんなんして、クロッキーを何セットか続け、最後にデッサンやるんやな。しらんかった。はじめはマンガ絵やったけど、そのうちそれっぽくなった。
 あー。仕上げる能力ないなぁ。とつくづくおもう。

 マザリシャリフ陥落・・・

 またブッシュがテロテロ言ってる

 明日の日曜はまた朝の九時から月曜の朝九時前まで昼夜ぶっ通しの宿直だ。まぁ、先週まででひととおり面倒なことはおこったと思うので、たいていのことは対応できる・・・かな?
 だいたい、年に一回くらいしか来ないといわれている救急車に二回もあっている。試練か?
 というわけで、もう寝る。目覚ましかけて。


2001/11/10 あさ

 11/9の出来事

 s24に放置していた安彦の『虹色のトロツキー』をよんでみたらかなりおもしろく、全巻そろえなかったのを後悔して、さっそく古本屋をめぐった。二時間ほどの捜索のすえ、最終巻を発見、買ってお持ち帰りし、よんだ。
 あーおもしれー
 途中、新本屋で何冊か他の安彦マンガを発見、よみたくなり、再度出撃、四条くんだりまで行って大量に買いこむ。所持金数百円になったが、読みたいときは読みたいのだ。
 でも、『王道の狗』は最終巻がなく、蛇の生殺しのような状態に。
 ついでに攻殻2も買ってきたけど、どうもあんまりおもしろくなさそうで、半分くらいしか読んでない。

 夜、あることに気づいた。履修確認届、だしわすれた・・・・
 なんてダメなんだ。
 提出物を忘れる・・・しかもキチンと済まして出すだけの奴・・・という癖は死ぬまで付いてまわるのか?

 さらに、夜中に留学生がうちの部屋へコンピュータのことを聞きにきた。それは、ある人にもらった NEC98 に LAN カードを刺そうとしたが、LAN ボードの WakeUpLan 機能のための線をつなげるところがなく、そのうえに、その線を電源コードと勘違いして、どういう事かを聞きに来たと言うことだ。
 まぁそれはどうでもいいことで、すぐ済んだけど、その後、かなり脂っこいラーメンをよばれ、酒を飲んで歓談した。
 彼ら日本語流暢。
 とりあえず確認したこと。中国人的には(すくなくとも彼らにとっては)「ラディンはアメリカに個人で対抗してるから英雄だ」
 まぁ、かなりつっこんだ話をできておもしろかった。

 それから、中国語ニュースでは、オサマ=ビン=ラディンは「拉登」とだけ表記される。

 相部屋の李さんに、日本語の会話の勉強になるから漫画を読んだらどうですか、と、『鉄鍋のジャン』を渡したが、ちょっと目を通しただけだった。
 うーんかたいなぁ。
 で、「京大広報」なんかもってきて、読み上げて発音が正しいかどうかを聞いてくる。でも、こんな文章は日本人でも読めない人がいるのに・・。李さんは文章語の方が好きなようです。
 「だ」なんて語尾につけないし、助詞もほとんど省き、意味を明示したい時にだけつかう。


2001/11/08 

 人よ、君はねらった目的を達成すべきだ、
 それとも夢みることをやめるがよい。
 このどちらもできないのならば、
 どこかへ去って、鳥のように生きるがよい。
  バーブル

 最近朝はやくおきる。李さんは遅寝遅起きだ。といっても二時くらいに寝て九時くらいに起きるだけの普通のサイクルだが。こっちは十二時すぎたら眠たくなるので、先に寝てる。当然、六時か七時くらいに早起きするわけだ。でも、李さんが寝てる横でコンピュータをいじったりゴソゴソしたりはしづらい。そこで、こっちとしてはしかたないので、筆でイロイロ書くことにしだした。マンガの手伝いしてる時に竹がきっちり書けなかったからだ。とゆうことで、ここ毎日あさになるととりあえずシャワーでも浴び、プレハブ横の笹竹を刈ってきて、縁側の前に刺し、臨模してた。
 毎日やると違うモンですな。少しやっては飽き少しやっては飽きでも。

 「筆部」の活動ということで、昼頃、吉田食堂前に机を出し、ふたりで筆をひねくって紙に墨を塗っていた。
 たのしかった。
 まぁ、ただ、目的もなく書くのも何なので、やっぱり笹竹を刈り取って持っていき、臨模した。まぁそこそこにしあがってきてたので、そこそこのできの一枚を受付の若井さんにマイナイした。これでまんじゅうとかが手に入りやすくなるだろう。

 アメリカの攻撃は人道上問題があるということを国連が指摘しようとしている。
 勇気だ。勇気だ。

 戦車vs馬・・・間違ってはいけません。タリバーンが戦車です。

 最近毎日英語ニュースを辞書を引き引き読んでるので英語力がちっとはあがったような気がする

 hotmail に何か変なメールが入ったのか、全然見れない状態になってしばらくほっといてたら358通もたまっていた。相変わらず見れない。


2001/11/07 

●きづいたこと
 BBC のニュース特集 War on Terror が War in Afghanistan にかわってた。

●ビール
 今日は、サントリーのビール工場にいってきた。グビグビ飲んできた。うまかった。
 一応、前宣伝したけど、結局、三人で行ってきた。

●あること
 だいぶふっきれてきたけど、まだもうすこしヤケ酒を飲む必要があると観ずる。
 頭の中だけでの操作でもまだまだ必要な経験はあるのだ。
 つくづく未熟者だと思います。はい。何もしなかったのがいけなかったのです。
 就是這様。

 いつまで一生をうぬぼれておれよう、
 有る無しの論議になどふけっておれよう?
 酒をのめ、こう悲しみの多い人生は
 眠るか酔うかしてすごしたほうがよかろう!
  オマルハイヤーム『ルバイヤート』小川亮作訳 の一節

●どうでもいいこと
 こうゆうニュースを聞くと意味もなく腹が立つ
 Mr.Bush said bluntly stated that those nations not "for" the US were "against us".


2001/11/06 

 教授にあいにいって、卒論題目提出用紙にチョコチョコと書きこみ、受付に提出してきた。
 「さえない題目だねぇ。中身さえよければいいんだけどね。」
 はい。中身もさえません。
 まぁ、でも、いちおう、大学院受験は考え中ということにしといて、受験予定にしておいた。受験する人間の卒論はよその科からひとり審査に加わるらしい。だから、受験するか否かは今からきめとかないといけないらしい。

 極近の飲み屋でマッカリを売っていると聞き、いってみた。そしたら聞いてたより高かった。でも、そういう場合はごねずにそのままうけいれてしまう。今までだってそうだった。旅行中もそうだった。ホントに高いとおもったら買わんだけだからな。
 とりあえず、その、一リットル弱で千円もしたマッカリをかって、早速寮にもちかえりのみだした。あぁよかよか。

 目の前でこの日記を読みあげられても、思ったほど恥ずかしくなかった。酔ってたせいじゃない。こんだけ垂れ流していても結局は自分で恥ずかしいとおもうことは書いてない。

 うーん。毎夜毎夜李さんの日本語の練習台になってる。


2001/11/05 

●てつだってたマンガは今日の夜、やっとおわった。おわった?時間がきたからおわった。
 さらに言うと、てつだってたと言えるのか?
 人のマンガに土足でふみこんで荒らしていったと言えなくもない。
 オレには人の下書きにそって線を引く能力なんかない。
 しかし、自分デッサン、自分構図にかきなおしたので、意図されていた構図の持ち味を殺してしまったところもある。ちょっと反省。
 それから、マンガからかなりながく離れていたせいか、下手になっていた。それでもおだてられていい気になってるオレ。あぁバカだバカだ。
 雑なのはあいかわらずで、持ち味と強弁してももうすこし丁寧にできるはず。仕上げも汚いしね。
 あぁ。よくないところばっかりだ。
 で、指摘してなおすのか? なおしてマンガをかくのか?

●教授から電話があった。
 「きみぃ今年は卒業するのかね。」
 「はい、します。するつもりです。」
 「卒業論文の題目がまだ出てないと、教務の方から言ってきたんだけど、きみ、卒業するなら出しておかないといけないんじゃないのかね。」
 えぇーーーーーーーーーーー。そんな行事があったとはしらんかった。そうか、題目というのは提出するものなのか。
 ちょっくらマジメにやろう。

 ということで明日の十時教授の部屋に出頭だ。あぁ。

●来年の可能性
 オプションをならべてみよう

  1. 卒業できずもう一年のこる
  2. 卒業してプー
  3. 卒業して大学院進学
  4. その他不測の事態
 上にいくほど可能性が高い。
 大学院受験の順位はかなり低い。たぶん受けません。
 将来の展望何もない。まぁ、いずれにせよ、ひとりだから、なんとでもなるだろ。
 と、おもってるから、ズルズルいくんだろうなぁ。
 でも、こういう場合はこうなってほしい、という選好の順があって、それにむけて努力するべきなんだろうけど、そういうのもないし。モチベーション低シ。
 まぁ、今まで何回かあった人生の分岐点で、ダラダラ過ごす堕落の道を選択し続けてきたから今のオレがあるのだが。
 その状況を補ってあまりある才能の持ち主だったらいいんだけどネ。
 ぐずぐず書いていても仕方ない。寝よう寝よう。

2001/11/04 あさ

 あぁ。言われてみればその通りで、何であこまでてつだったんやろな。
 やっぱり絵描くの好きなんかな。
 というかんじで、きのう一日漫画描きの手伝いしてた。まぁ、七輪は買ってきたけどな。
 それで、たのしそうな吉田寮新歓コンパにも呼び出されてすこし顔を出しただけだった。今日何事もなければ、酒をかっくらいに乱入するところだが、あいにく病院宿直バイトで初めての昼番夜番連続入りなので、なんかそういう感じじゃなく、さっさと寝た。
それで気づいたけど、李さんかえってきてない。また奈良の友達んとこ行ってんのかなぁ。
 ということはこれからこの部屋は、土曜の夜ははおれだけ、日曜の夜は誰もいないという状態になるのか?
 なんか具合わるいな。なにがって、日曜の夜がバイトというのが具合わるい。前任者は七年間その座を保持してたというが、彼がまじめな人間だから保持できたんだとおもう。そのかわり、日曜の夜は何事もおこらんけど。
 だれかにゆずろうかな。
 まぁ慣れるまでもうすこし我慢しよう。
 まぁでも早々に誰かに譲るような気がする。病院バイト一番の利点は、医療費がやすいということやけど、ほとんど病院と縁ないしなぁ。
 まぁ最近肝臓をいじめてるので、そのうちガタが来だすんじゃないかとおもいますが。

 そろそろ行く用意をしよう。


2001/11/03 

アフガンニュース
アフガニスタン・タリバン政権の動向に詳しい消息筋は2日、イランに亡命中のヘクマティアル・アフガン元首相とタリバンが「反米連合」結成で基本合意したことを明らかにした。
 でたー!ヘクマティヤル!おまえホントわけわかんねぇ。
 タリバーンと合流するにも、手勢の兵ってあるのか?
 しかし、このひとが今こんなこと言い出したのは、アメリカの手際があんまり悪いので、イランも保険をかけたと言うことかな。
 もしくは、本当に根っからの原理主義者で、スジを通すのが大好きで、そうだからいままでも仲間の和を乱すような事を平気で言いだしてムジャヒディン仲間から嫌われてたのかな。
 一般にこの人は、何でも一番でないと気がすまない支配欲のつよいこまったひと、という解説がなされます。


2001/11/02 

 あぁ。やっぱり人が寝てる横でカチャカチャ日記を打つのはあんまりいい気がしない。

 今日は四枚やった。
 あと五枚で終わりまで行ってしまう。行かせるつもりとか言ってるのは冗談か?
 うーん。でも、まぁ、途中からこういう絵に変わったら変やもんなぁ。

 府立図書館に行って、カリグラフィーの本を借りてきた。
 日曜の病院宿直バイトの時にばりばりやって身につけよう。

 七輪を縁側でつかってるのをみた。やすいそうだ。おれもやろう。一人で魚を焼いて食う。


2001/11/01 

 サントリーのウイスキー工場へ野郎ふたりで行ってきた。
 一応寮内で掲示したが、誰も応じなかった。

 麦芽→麦汁→もろみ→ニューポット→→ウイスキーという手順を踏むわけですが、どぶろく仲間としては、もろみを試飲してみたかったものの、それはできなかった。いきものだから、できたてを飲まねばならず、それは手間ということで。
 そもそも、いまは整備期間中なので、工場設備が動いてなかった。がっかりだ。
 ひととおり工場内をみてまわったあと、水割りを試飲。「響」とかいろいろ。
 その後、工場内のバーでニューポットをのんだ。ウオッカのように強かったけど、干しぶどうのような詰まった甘さがあった。

 つぎはビール工場だ。

 夜方、なんか気分わるかったな。

 まぁ、自分のタカリ体質については気になってはいたんです。はい。

 今日はあんまり気分がすぐれないので二枚で勘弁してもらいました。
 でも描いてるうちに気分が乗ってきてたりして。
 まぁでも調子に乗ってもっとイヤな感じになるのはもっとかなわんのでやめた。


2001/10/31 

 最近部屋で寝てないなぁ。別に相部屋の人がイヤなわけではないんですが。
 今度、新入寮生がうちの部屋に割り当てられたので、いままでの二部屋二人、実質個室状態を改め、二部屋三人にしたんですが、まぁ、いままでの部屋の状態からいじるのは面倒なので、二人が別々に寝る状況はそのままにして、うちの方で新入寮生の李さんにねてもらい、となりのほうを団欒部屋にすることにしてみたんやわ。
 でまぁ一週間くらいたつけど、一緒に布団ならべて寝てたんは一日だけで、他はどっちかがよそにいる状態。おととい、昨日と、漫画の絵を描けといわれ、南寮24号でセッセセッセとかいてました。ほとんどねてたけど。
 まぁ、でも、「野尻さんいい人」と思ってるようなのでイイでしょう。中国人とはおもえないくらい遠慮がちないい人です。しかも公務員だし。

 メキシコではオサマ=ビン=ラディンと自爆テロをあつかった曲がヒットチャートのトップを占めているそうだ。
 読んだニュースでは、El Corrido de Osama (The song of Osama)という歌からこういう歌詞が引用されている。
 "Across the skies, the seas and the land they are looking for you. "
 "Bin Laden, the terrorist whom the CIA trained.
 "This was the biggest mistake of the American government."
 "It was September 11 when the events occurred. The pride of Manhattan destroyed by two planes."


2001/10/29 あさ

 はぁ。ねむい。つかれた。
 昨日ははじめてデモにまじってきた。一畳くらいの障子紙に墨で絵を描き、棒の先につるして持って歩いた。例のターバン姿で。もー疲れた疲れた。まぁでも、あんなおもたいもん持ってあるかへんだら、もっとたのしかったやろな。そんなにつかれへんだやろし。
 そのあと病院に行って宿直に入ったけど、もうねむうてたまらんかった。しかも五時くらいになって、救急車がくるとて起こされたし。

 そやけど、機動隊てあんなんにも来るんやな。

 なぜか新入寮生の李さんが土曜の朝図書館に行くと言って出かけたままかえってこない。むー?
 まぁ荷物はおいてあるんだから、そのうちかえってくるとは思うけど。
 そんな邪険にもしてないし。
 まぁそれはそれとして、部屋がみちがえるようにひろくなってよかったよかった。

 それから、停電から後、回線が目に見えておそくなった。誰かがまた分割ダウンロードしてるようだ。腹立つなぁ。何とかしてジャマする方法ないんかなぁ。
 てゆうか、たぶん、NetAntsのせいだ。


2001/10/27 

 一日停電してたり。カウボーイビバップのムービーを入手しました。寮内LANで公開してます。
 なんかやる気なくて、停電もしてて、一日中部屋の模様替えをしてた一日だった。これでかなりきれいになった。
 また飲みました。

 おれデモなんかはじめて参加するよ


2001/10/25 

 新入寮生来ました。今うしろで寝てます。うーん。寝てる横でいろいろカチャカチャやるのもなぁ。

 一応しあがった。そのうちHTML化する。


2001/10/24 水

 郵便局に四年ぶりに行った。
 通帳をつかう用があったのでいくら増えてるかと思ったら利子が57円で、税金9円ひかれて48円が増えていた。
 利子から税金が引かれるとは知らなかったのでしらべたら、所得税15%、住民税5%の計20%引かれるものだそうな。子供でも。むぅん。
 千円くらいのカネは控除対象にしてほしい。

 なんかアレだけ制御できるのに誤爆するのは、一般アメリカ人の能力が低下してるのかな。
 アメリカの教育は高等教育は成功したけど、初等中等教育は全然ダメだという話だから。

 テメエが見本を見せるから子分もやるんじゃないか。

 なんか疲れた。何もしてないのに疲れる。かなわん。


2001/10/23 火

 なぜ先生がつく?

 歯医者に行く途中、時代祭の列にぶつかった。ジャマだ。
 維新勤王隊が先頭に。

 夕方、急に宿直バイトがはいった。
 うーん。ネットがないとちと困るのう。
 バイトの内容は全然困らない。


2001/10/22 ひる

 ついつい壁を立ててしまう。臆病者だからな。

 とりあえずこんなもんで。これにもうすこし詳しい別モノが付くと言ったところか。

アフガニスタン早わかり

●みすてられたアフガンをタリバーンが治安回復
1978 アフガンへソ連侵攻
 →アメリカはソ連を泥沼のゲリラ戦でくるしめるため、アフガンゲリラとイスラム義勇兵を熱烈に支援
1989 ソ連撤退と1991ソ連崩壊
 アフガニスタンにはアメリカがそだてた軍閥がのこり、利権あらそい
  アメリカにとってはもう用済みなので放置
1994 タリバーンがパキスタンのアフガン人難民キャンプから登場
 各地の軍閥を武装解除し、治安を回復させる→タリバーン急成長
1998 タリバーンは国土の九割を掌握、軍閥の生き残りはマスード派だけに
  しかし、その過激なイスラム主義やシーア派虐殺事件で国連承認は得られず

●もう一つの後遺症、イスラム原理主義の激化
イスラム義勇兵は戦後、母国に帰ってイスラム原理主義運動に参加
1991湾岸戦争でアメリカは聖地メッカを有するサウジに進駐
 →義勇兵の中心人物の一人の富豪オサマ=ビン=ラディンは反米闘争を支援
アメリカは頻発する対米テロの中心としてオサマに目を付ける
 (煽っているのは確かだが直接関与の証拠はない)
オサマは王室批判で1994サウジからスーダンへ、アメリカの圧力で1996スーダンからアフガニスタンへ逃亡

●乱暴なアメリカ
1998 アフリカでアメリカ大使館同時爆破事件があり、首謀者としてオサマが浮上
報復としてミサイルをアフガンにぶちこむ
→オサマは反米英雄としての名声を確立
→タリバーンの態度硬化(軽々しく扱えなくなる)
 (裏でサウジがオサマをひきとる交渉をしていたが台無しに)
以後アフガンはお尋ね者の逃げ込み場所になり、イスラム原理主義活動家があつまってくる

マスードとの戦線は膠着(ロシア、イランがマスードを支援)
アメリカは国連もつかってタリバーンを締め上げる
治安回復の功はみとめられず人権問題や虐殺問題でたたかれつづける

●タリバーン責めつづけられておかしくなる
2001/1 干ばつで苦しむアフガンの国連制裁を強化
 さらに寒波がおいうち
2001/3 タリバーン、バーミヤンの大仏を破壊
 タリバーン独自の「イスラム法」の強化
------------------------------------------

●中央アジア資源
石油、天然ガスが豊富
政情不安定な中東よりもあつかいやすいので注目
最近ロシア、イラン、中国が中央アジアをめぐって急接近

●アメリカ的には
湾岸戦争っぽく中央アジアに米軍を常駐させる事ができればよい。
ロシアとイランと中国なんかになかよくなってほしくないもんね。
みんな敵だから。
一番の仮想敵国の中国をうしろからも囲めるようになるし。
ついでにオサマ=ビン=ラディンも消えてくれたらいいなぁ。
おれんちにテロばっかりしやがってうっとおしいんだよ。
逆らうやつはみんな敵だ。
アフガンがいうこと聞くようになったらいいね。
中央アジア→アフガン→パキスタンと、コントロールしやすい小国ばかりになるから。
ロシアも中国もイスラムテロで困ってるからテロっていっとくと反対しないし。

 清朝の正規部隊が弱体化し、役に立たなくなった19cに登場したのが私人に忠誠を誓う家兵部隊。彼らは清朝のもとで力を伸ばしてゆき、やがては革命勢力を利用して清朝を転覆させる。軍閥は各地に跋扈し、統一政府はないがしろにされた。そのとき、清朝に勝ち、ロシアをおいだし、旭日の勢いで軍隊がのさばりだした大日本帝国が中国の軍閥のあらそいに介入しだす。軍隊の重要性に気づいた革命勢力は手持ちの軍隊を養成。それが蒋介石の国民党軍である。蒋介石は天下を統一しようと北伐を開始。途中で共産党を排除し、日本が後ろ盾の張作霖軍閥も中央から追い出す。しかし、共産党はしぶとく、なかなか根絶できない間に日本が満洲国をつくり、国民党寄りの張学良を放りだした。
 蒋介石は張学良を共産党討伐に当てたが、張学良はおもしろくないので全然やらない。蒋介石が叱りにきたところをとりおさえ、ムリヤリ共産党と仲直りさせた。以後張学良は蒋介石が死ぬまで座敷牢暮らしです。でもムチャクチャ長生きしてついこないだハワイで死にました。座敷牢だといらないことに気を回さなくて済むからですかね。
 そのうち日本自体が攻めてきて、国民党は負けに負け、奥地の四川省にこもりました。主力と主力の戦いなので消耗します。でも、日本はやがてアメリカとも戦いだしました。蒋介石はそれをみて、これで日本に負けずに済んだとおもいましたが、そうこうしている間に共産党があんまり消耗しないゲリラ戦で人気をゲット。日本撤退後、共産党にやぶれさりました。こりゃこりゃ。
 何を書きたいのか書いてるあいだに忘れた。

 父方のじいさんは親が二歳くらいの時に死んだそうで。
 造り酒屋のボンボンだからたいした苦労もすることなく、フラフラ遊んでたらしい。死ぬ時も風邪みたいのにかかり、寝込んでる間に簡単に死んだそうな。
 うーん。オレも今フラフラ遊んでるから、おんなじように簡単に死ぬのかな。
 酒を急激に飲み出したから肝臓こわして血を吐いて死ぬとかいうのは痛そうでイヤだ。
 まぁとりあえず今日は飲む。

 そのまえにはやいとこまとめなさい。


2001/10/22 あさ

 例によって例のごとく宿直バイトだったわけですが。
 なんかだるい。
 酒ののみすぎかなぁ。まぁ。肝臓のあたりが重い。
 だるいなぁ。
 でも今日はマッカリの会があるんだなぁ。
 ということでまた飲むことになるなぁ。
 大丈夫か?

 ヨーグルトの伝道師
 とろろ芋のような食感!
 できるまでたったの一日!
 すこし入れてその辺に放置するだけ!
 今までふたりに布教しました。これで種がつきても補充できます。
 てゆうか、一日にこんなに食べれない。


2001/10/21 

 昨日の夜は「やけあと祭りライヴ」とやらでたのしかった。

 ライブの資金難を幾分なりとも解消するため客のあいだをまわってカンパをせびってきてください、という命令を受けたので、西アジア風の帽子をゴミでつくり、アフガニスタン人がやってるのを観察しておぼえたターバンをまき、ボロい布をかぶっていった。しかし、酒がはいってない上に、予定よりもはやく呼ばれたので、それまでやってたテキスト打ちのまじめなノリがのこり、あんまりふざけた言動ができなかった。(アドリブが利かないのはもともとかな。)
 ということで、次は酒をグビグビ注入し、グデングデンになっていったらまぁ気持ちいいモンですな。

 集めたカンパもあまりおおくなかったような気がするが、オレとしては頼まれたことはやったし、ビラも無償で描いたので別にいいだろう。もっと手伝え?
 うん。もっとイベントに噛んでもよかったかな。
 利用しつつされつつの関係にとどまるから、親交を深めるところがないな。それはそれでいっか。

 情報の信頼性。確からしさ。フィルターされた情報。処理できる情報量には限りがある。


2001/10/20 

 炭疽菌の培養は簡単だが、粉末にするには高度な技術が必要
→イラクならできるよね。
→イラク攻撃決定

あぁありえそう。
だいたい、やられていることは恐怖をあおるだけで、致命的ではないもんな。

 そうそう、それから、どれくらいいいかげんな学部かというと、
1履修登録の提出が期限から一週間遅れてもあたりまえのようにうけとってくれる。
2履修登録は当然のごとく何重でも登録できる。
3そもそも転部したとき、入るまで一度も教授に顔をあわせなかった。

 タブ式のブラウザというのは便利でいいんですが、ついつい、二十個くらい窓をあけっぱなしにしておきます。特に今はちょっと調べることがおおいので。よく落ちないモンだ。


2001/10/19 

 いやぁ。めでたしめでたし。
 いいかげんな学部でよかった。
 でも、さすがに履修登録の欄全部に○つけてたのはダメらしく、書き直させられた。


2001/10/18 

  うぁぁぁあっぁあっぁぁあぁっぁぁ!
 履修登録忘れてた!
 あぁあっぁっぁぁっぁぁっぁぁっぁぁぁあああああああ!

 アフガニスタンに熱中しすぎました。
 友達につきあい良すぎました。
 あぁ。

 うっうっうっう・・・・・(涙滂沱)

 あぁ。あぁ。あぁ。
 あぁあぁ言っていても仕方ない。
 明日どうにかならなかったらやけ酒だぁ。
 どうにかなったら祝い酒だぁ。

 マザリシャリフ制圧前まで書く。
 1998/8のマザリシャリフ制圧はタリバーンの悲願「国連承認」のかかった作戦だったが、ここが分岐点だった。タリバーンを応援に来ていたパキスタンの過激派SSPがシーア派のハザラ人とイラン人外交官を虐殺した。ハザラ人の虐殺は国際社会の反感を呼んだ。外交官殺害はイランとの外交関係を悪化、開戦寸前まで行った。また、客として迎えていたオサマ=ビン=ラディンが、アフリカの二つのアメリカ大使館爆破事件の首謀者としてあげられ、アメリカからミサイルをぶち込まれた。アメリカはもともとタリバーンにあまかったが、それを翻し、これ以降、執拗にビン=ラディン引き渡しをせまるようになる。
 国土の9割を押さえつつも国際的認知を得られないタリバーンはアメリカに目をつけられ、制裁などでいじめられるようになって、強硬派が暴走するようになりだした。バーミヤンの大仏爆破も苦境にあるタリバーンの悲痛な叫びである。しかるにこのたび同時テロの報復ついでにタリバーンは殺されることになった。
 タリバーンが今後どうなるかはまだわからない。ただ、早い段階で、タリバーンを承認していれば、おそらくはビン=ラディンの件も解決していたかもしれないし、タリバーンが暴走しだすこともなかったかもしれない。
 世界最貧国アフガニスタンは地勢的に重要なために、また、いろんな勢力が住み分けているモザイク社会であるために、列強の介入をゆるし、いまもなお翻弄され続けている。


2001/10/17 雨

 歯が痛い・・・
 歯医者に行ったらまた神経むき出しだった。ここも殺すのか。
 まだ一本も入れ歯はないけど、総入れ歯になる日も遠くないとおもう。
 

 ともだちは今日彼女と一緒に広島へ帰っていきました。結局。
 あぁなんかさみしいな。
 二人分の布団スペースの確保のためにすこし部屋を整理したので部屋がひろく感じられる。
 まぁ相部屋になる直前だったのでちょうどいいか。


2001/10/16 

 今日もビラの挿絵を描いた。たのしかった。

 さて、晩飯はスパゲティにでもしようか。とおもい、居候の携帯にメールを打つと、今パチンコで忙しいとのこと。そんじゃ知らん、ということで一人分つくって食ってしまったが、あとで意気揚々とかえってきた居候に聞いてみると、あのときちょうど一万円つっこんだのこりの五百円くらいのところで、まぁきょうは負けだろうと思ってたそうな。返事のメールを打ちに言って帰ってきたら、リズムがかわってかかり、十三箱くらい出たとのこと。機嫌が良かったのでコンビニに行って、いろいろたかりました。
 じつはそれどころじゃなく、また居候の彼女が車でわざわざ来ました。仕事を早引けさせてもらってかけつけたとか。はぁ。それでたのしく何かしに行くのかと思えば、今晩は雨だから琵琶湖に行って釣りをするんですって奥さん。それはあんまりじゃないかとおもうのですが、まぁオレじゃないし。今晩はひさしぶりにひとりで眠れそうです。
 あぁ。でも。慣れというのは怖いモノで。逆にひとりで寝るのがさみしくなってくる。ねるけど。

 あわててひっこしたけど、tripod.co.jpにもアカウントを作ってたことを発見。
 旅行前に連絡用の掲示板をもうけるためにとった。
 具合悪く使わず。
 


2001/10/16 あさ

 いやぁ。全然すすまん。
 居候のにーちゃんがしきりに話しかけてくる。
 おもしろいんやけどな。
 すすまんのよ。

 うちの貧弱な回線でいままでのコンテンツを一挙にアップロードしようとすると、めんどくさいことになる。FTPもつかえないし。ということで、メディアセンターにファイルを持っていってアップロードしようとしたけど、FTPソフトでつながらない。しかたないので、コマンドラインからFTPしてみたら、msendできない。一度に五つづつしかアップロードできない。はぁ?しかたないので、プラウザでアップロードした。

 あぁ。またやりました。人を言いこめてしまいました。顔が見えるとむこうから逃げます。あぁ。
 酔っぱらい相手にあこまで言うことなかったんやけど。
 最近ちょっと口が暴れん坊になってる。気をつけな。


2001/10/15 あさ

 ひっこしました。

 夜から今朝にかけて、はじめての宿直バイトにいった。

 この傲慢を聞け

news.bbc.co.ukより
"There's no need to negotiate," he said.
"There's no discussion.
I told them exactly what to do.
All they've got to do is turn [Bin Laden] over."
「何で言うことを聞いてくれないんだ」と弱音を吐く一方でこんな強引なことをいう。おまえ自分の言ってることわかってるのか。
ほかに言い方もあるだろうし、やり方もあるだろうに。
 他に目的があるというのは前からわかってたんですが。

 腹が立ったから今やってるのを急ピッチで仕上げる。


2001/10/14 あさ

 人がいると日記もつけにくい。

 12日

 例のやけあと祭りビラが没になったので、かわりのビラを作成する。今度は絵も。
 たのしかった。
 とまりにきてる友達はパチンコ屋攻略。

 13日
 この日はいろんなモノがむこうからおしよせてきた日だった。
 キノコ・●・酒・焼き肉。
 とくに、●は予想もしてなかったのでびっくりした。

 渡さないなら攻撃を続行するって、相手は子供か?


2001/10/12 あさ

 11日は友達につきあって一日が終わった。
 夜になると、友達に彼女から電話がかかってきた。よこで聞いていると、おもいを断ち切ろうとしてたようなのに、長距離恋愛の様相を呈するかとおもえば、そのうち翻意して広島方面で職探しすることにしたらしい。
 勝手にやってろ。

 ビラの字を書かされた。
 こうゆう仕事はたのしいな。

 カゼがなおらん。
 おかしいな。


2001/10/11 あさ

 来たよともだち。
 しかもここまで女に送ってもらって。
 まぁ男女の仲というのはむづかしいものらしい。
 その彼女は今日また仕事があるとて広島に帰っていきました。
 自分がどうこういえるモノではないです。つきあったことなんかないし。したがって女心もわからんし。

 ということで、この部屋は、今日からそいつが仕事を見つけるまでのしばらくの間、二人で寝ることになりました。
 今までなかった布団を導入せねばならなくなったので部屋がせまいです。
 海外旅行経験者密度が二倍になったので、うちの部屋はうさんくささとやる気のなさが二倍になりました。うす。


2001/10/09 

 書けどもおわらず、予定をかなりすぎ、とりあえずタリバン登場のところまで書き上げて、三時すぎから学習会をやった。
 実を言うとこういう風に人前で発表するのは初めてだったんで、どうなるかとおもった。
 好評でよかった。
 あんなにまじめに話を聞かれたのははじめてだ。
 とりあえずおわりまで仕上げないと。
 まだまだおわらない。
 明日のゼミもぶっちだ。

 あ。そうそう。なんでか鼻がつまって鼻水が出てのどが痛い・・どうやらカゼをひいた模様。むう。こんな症状はここ何年も絶えてなかった症状だ。というか、カゼがどんなモノかわすれるくらい昔にしかカゼにかかっていない。あぁ。ただのかるいカゼがつらい。
 「バカはカゼをひかない」というのを地でいってたわけですな。
 たぶん、酒の飲み過ぎで肝臓がやられて免疫が低下してるんだろう。あなおそろしや。

 さて、旅行中にできたともだちがあしたやってきてしばらく滞在する。
 女の車に送ってもらうという。「それなら来るな」と言いたくなるけど、まぁしかたない。


2001/10/08 

 一日中読んでた。もう九日。これから書く。
 もっと調べたらいろいろ出てくるんやろなぁ。

 ひっこしも検討中なれどいまは様子見。

 それと関係なしに、この自分のひっこしもどうか。


2001/10/07 よる

 肝臓のあたりを押さえると鈍い痛みがある。
 ちょっと調べた。

 「アルコール依存症には常にお酒を飲んでいる「連続飲酒」という状態と、ある期間はやめるが、飲み始めると大量に飲んでしまう「山型飲酒」という状態があります」
 「肝臓は内科などでは「沈黙の臓器」と呼ばれているもので、かゆいとか痛いとかという感覚器がありません。」
 「アルコール依存症は他の薬物依存症と同様に、死に向かう進行性の病気だということができるのです」
 「しかし、アルコール依存症そのものは脳の病気であることを忘れてはいけません。」

 「 右上腹部が重苦しい、鈍痛がある   肝臓病で痛みを伴うことはさほど多くありませんが肝臓が腫れたりすると右上腹部に鈍痛、重圧感が起こります。 」
 「アルコールの飲みすぎから肝細胞での脂肪酸の酸化分解能力が低下して、中性脂肪が溜まる」
 「肝臓まで脂肪が蓄積した状態は、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が起こりやすい体質になったシグナル」

 「飲んだお酒は肝臓の解毒作用で分解されます。
肝臓のアルコール処理能力は1時間あたり日本酒40mlまでが限界で、それ以上飲めば肝臓の処理能力を超えたアルコールが血液中を循環し酩酊状態になります。
1日3合以上のむ人を常習飲酒家といい肝臓の病気になりやすくなります。 GOT、GPT、γGTPが上昇し、禁酒により正常化します。常習飲酒家ではアルコール性脂肪肝→肝線維症→肝硬変と進行し、男性で1トンのアルコールを飲み終えた頃には半数以上は肝硬変になっているといわれています。女性はアルコールによって肝臓を壊しやすくアルコール300~500kg飲んだところで肝硬変になる危険があります。 」

今日のアフガン
--BBC------------------------
US begins military strike
President Bush orders a US military strike on Afghanistan, and says the Taleban will "pay the price" for sheltering terrorists.
-----------------------------
ぼったくりだー


2001/10/07 あさ

 そろそろ七日になり、さぁこれから寝ようという頃、受付のあたりに行くと、焼酎が一升瓶でおいてあり、さも当然のごとく勧められたので、こちらもさも当然のごとく、ゴクゴク飲んだ。
 それから後はかなりたのしく酔ってた。
 寮の食堂でイベントをやってたので、よくしらん人がいっぱいいた。

 「イタドリ」を生でガリガリかじる経験というのはかなり地域の限定されたモノなのだろうか。ある女の子がイタドリを食った話をしだし、そのうえアケビとかヤマイチゴとか言いだしたので「どこの人」とたずねたら、美山の人だった。
 ちょっとしらべたら、イタドリはどこにでもはえる山野草で、繁殖力の強い植物ということだ。
 アクをとってたべるものらしい。生でくうのは・・・
 山奥のこども。山登りで疲れたとき。疎開のときのみじめなおもいで。
 地域じゃなくて、生活圏か。
 イタドリの葉はウニにとって昆布よりいいエサになるらしい。
 シーボルトが持ち帰ったイタドリがヨーロッパで大繁殖、最強の有害帰化植物として問題になっているらしい。

 そのうち、こたつ布団にくるまって受付で寝てたけど、おきたら置き手紙してあった。ちゅうても紙ぺら一枚なんやけど、なんかうれしかった。


2001/10/06 

 コンピュータに向かっていろいろしらべてると、Yがやってきて、三条でビラまきするのに一人じゃさみしいから一緒に行こう、という。ビラまきには抵抗があるので難色を示すと、ゴザにすわってダラダラするだけだというので、そりゃこっちの領域だと、話にのることにした。
 いってダラダラして、いろいろビラなど書き、明治屋であまいワインを買ってきて調子よく酔ってきた。
 ひげの男二人がみすぼらしいなりをして三条大橋の歩道のど真ん中にすわってよっぱらってんだから、見苦しいこと限りなかったに違いない。
 帰りにジャスコでリンゴジュースとか買った。言うまでもなく発酵させるつもりだったが、かえってきていままで使ってた発酵容器を殺菌しようとして電子レンジに入れたら溶けてしまった。酔ってるから・・・。バカ。
 だからいまはディスプレイの上に何もない。
 あぁ。酒が・・・・。


2001/10/05 

 食堂のジュースで作ったのはマズくはならなかったが、たいしてうまくもなかった。イーストの量をケチったからか?
 ディスプレイは発酵装置としてかなり理想的だとわかった。

 結局近代までしかできなかった。アフガン形成まで。そういうことで、やっても仕方ないので延期した。現代編を書く前に、ついでだからいろいろ調べたらこれがおもしろくておわらない。おーわらーないー。
 大筋を変更するような事実はないけど、こまかいとこでいろいろおもしろかったり。
 これに熱中してて歯医者に行くのをわすれてしもた。


2001/10/04 

 アフガンのことを調べるのに、ロシアのこととか、いろいろしらべて、まだおわらない。あぁ手をひろげすぎる癖が・・

 イーストを入れてディスプレイの上に置いていたブドウジュース。
 あさ気がついたら、炭酸のせいではち切れんばかりになっていた。あぶないあぶない。爆発させるとこだった。
 ほんの十二時間で十分飲めるようになっていた。
 なんか苦みがある。
 二十四時間越したいまはもう辛すぎる。

 まぁ今度は食堂の自販機のミックスジュースでやってみよう。
 リンゴでやってみたいな。


2001/10/03 

 google で情報を山ほど集め、寮内向けのどぶろくページをつくった。

 ぶどうジュースとイーストを買ってきた。
 そして大きいペットボトルに入れて適当に混ぜ、ディスプレイの上におき、タオルをかぶせておいた。
 さぁ、どうなるか。
 なんか、ディスプレイとかコンピュータがあったら、なんでも発酵できそうやなぁ。

 アフガン自体に味はない。せいぜい宝石とマリファナがとれるくらいだ。しかも内戦が長年続いて戦争もしにくいところへ、アメリカがテロくらいのことでほかに何にもなしに手を出してくるわけがない。
 アフガンを押さえると、中央アジア(トルキスタン)の天然資源を利用しやすくなる。アメリカにとっては、中央アジアを掌握しておくと、ほかにも、ロシアの相対的弱体化と、仮想敵国中国の包囲をねらえる。
 今回の作戦にはこういうねらいもある。

 なんか、いろいろ書くと頭の中の整理になっていいですな。


2001/10/02 

 体が重いし、肝臓のあたりを押すとにぶい痛みがある。受付のあたりには酒がなく、へんなオヤジが寮生つかまえて話してる。ということで、今日は酒を飲まない。

 とかいいつつ、●●●●の仕込みをしていたり。あと一週間くらいか。

 でも、google で検索したら、もっと簡単な作り方があった。なんかそっちの方がラクチンそうだ。今度やってみよう。


2001/10/01 

 今酒まわってます。ウィー

 実は最近心を悩ませることがあったのだが、今日解決した。イエーイ
 人の気まぐれに振り回されるのってしんどいよ。
 まぁ、オレの心の中で当該案件が「心に掛けるべきこと」から「かなりどうでもいいこと」に分類されたので万々歳というわけだ。
 あースッキリした。
 これで安心して眠れる。
 出発点はオレじゃないもんな。
 まぁ言いがかりをつけられたようなもんだ。
 知るもんか。

 やっぱり酒って飲むもんだねぇ。
 こまったときに酒。ばんざーい。

 そうそう。旅行先で知り合ったともだちがこの六日に吉田寮のオレの部屋に来るそうです。大歓迎!
 で、仕事を見つけるまで、しばらく泊まります。オレの部屋に。
 ヤッホー。ブラボー。
 オレがオレの部屋に客人を泊めるのだからタダでーす。
 どーせ相部屋になるんだから、どうでもいいよ。

 あ、メールが来た。その友達から。行くのは八日になるらしい。なんやねん。
 忙しいとか書いてあったけど、女が名残惜しいからかもしれん。
 まぁそんなこと詮索してもしゃあないか。


2001/09/30 

 今日は酒を飲まないぞ。えへん。

 なんかかなりどうでもよくなってきた。
 逆戻り。

 あーもう。なんか気になる。
 でも無視するのはもっとだめだ。あー。


2001/09/29 

 28日から、おそらくメディアセンタの都合で、PPP接続ができない。こういうネットのできない日もいいか。

 28日も飲みました。どぶろく。

 以下行動記録。
 夜の十二時前、レポートを半分やってあきた頃、酒を求めて徘徊。プレハブのまずい酒をわざわざ飲めるように工夫してすこし飲む。でもさむい。南寮24号にいくと、いっぺーが、中寮14号なら飲めるということを言う。自分は人見知りする子なので、一緒にいくと、なんかオフ会らしきモノをやっていた。しまった。なんか居づらい。寮内的な身内チックな飲みをやってるとおもってたのに。「ヅカヅカとはいりこんですみません」という感じがする。シンロチューをガブガブ飲んでだいぶ酔いをまわし、ろくに話もせずにひきあげた。気分良く、センマツ部屋へ行ってみると、お茶会をやっていた。あぁ。いい感じだ。酔いのピークの頃はねてたけど、そのあと、はじめてマタタビをすってみた。おちついてしまう。かなり酔いがさめた。そのあと、こんなテキストを打っている今は30日午前四時半。まだ空はくらい。ねよう。

 「タリバーンを相手とせず」・・・・「国民政府を相手とせず」


2001/09/27 よる

 ためされた。
 なんかそれですこしかなしくなった。

 今晩はおとなりさんにお好み焼きをおごってもらった。
 こんなもん食うの何年ぶりか。
 で、かるく酒を飲んだ。まぁ毎日はのんでれませんわな。

 はじめてCDリッピングを見た・・・・見たというのか、したというのか。えらくはやくmp3にできるもんなんやな。

 あぁ。なんかホンマに日記になってる。こんな、日常を報告してどうする。

 「酔っぱらうと精神のたががゆるんで普段やりづらいことをやるようになる」というのなら、たぶん自分は、「たのしむ」と言うことに対して妙な罪悪感をおぼえ普段の自分を抑圧していたのか。
 「いい醜態」との評価を得ました。
 いのちみじかし。もっとたのしめオレ。

 親にも「ハゲたな」といわれた。


2001/09/27 

 26日夜、ふと思い立って、いっぺーに車をだしてもらい、実家へコンピュータを持って帰った。
 今朝、ふるいコンピュータを寮へもちかえり、ネット端末にしたてた。
 Windows95 + IE3.1 + Netscape3 。それでも重い。あぁ愉快愉快。


2001/09/25 

 酔っぱらいが書いた文章は・・・かなり電波が入ってるぅ・・るるるぅ
 というより説明不十分。

 25日夜からまたマッカリを飲みだして、最後は三条のカラオケ屋にいって歩いて帰ってきた。たのしかった。
 最近よく挨拶するようになった寮の留学生に、最近毎日のように飲んでる、というと、「何かストレスでもあるの」といわれた。

 お金がなくなってきてるから、バイトを探さないと。

 アメリカは国連に尻ぬぐいをしてもらうため、今まで滞納してきた金を急に払うと言い出した。
 テロ実行犯の支援者がみつからないらしい。支援者をつかまえて、オサマとのつながりを証明するつもりだったらしいが、みつからないので、いまのところ、証拠として出せない。

 こんなこと書いてずに
 いまから二時間半寝よう。


2001/09/24 

 今日は飲む予定はなかったのに、むこうからにごり酒が寄ってきた。
 というわけで、ぐでんぐでんに飲んで楽しくすごした。
 酔っぱらいいいですね。
 まぁ、でも、こうやって、かえってきて、ちゃんと日記をつけてるわけです。

 あぁでも毎日酒のんで酔っぱらったとかかいててもしかたないですね。
 今日は酔って、イスラム教の歴史について講釈うってました。
 酔うと、とりあえず知ってることを、人に教えるわけです。
 何でもいいから、言います。
 キブラを表示して、メッカの方向に拝んでみたりして見せます。
 バカですね。
 もうなんか、誰かが聞いてくれてると思うだけで有頂天。
 しあわせです。

 論点をはっきりさせておくと、アメリカはいいかげんな外交政策によって、アフガンに誕生した、言うこと聞かないタリバンをつぶしたいわけです。さらに、タリバンは、反米運動をあおってるオサマ=ビン=ラディンをかくまってます。今回のテロを機に、オサマもろともタリバンを葬り去ろうというのですが、自分一国で動くと都合悪いので、他の国をまきこんで、とりあえず行動の正当性を得ようというわけです。
 そのためには、反テロということを踏み絵にします。論点がずれてるんですが。テロはすべての国家にとって、犯罪行為なわけで、自分に対しては当然反対です。でも、アメリカはテロに反対するか否か、と、報復行動に参加するか否か、を、リンクさせて、「同盟国」にせまるわけです。
 他の国も同調してるから、というのは、かなりおとなの判断で、やっぱりここは筋をはっきりさせとかないと、あとでやばい目にあいます。
 てゆうか、五十年前のことについて今でもいちいち謝ってるのに、なんで、今現在のことにそれだけ無関心になれるのか、不思議です。やっぱり、謝ってるのはおとなの対応で、心の底では思ってないんですね。まぁおれもそうですが。

 本当に元国王を引っ張り出そうとしてるんですねぇ。もうジジイで悠々自適なのに。カンボジアモデルなんでしょうが、カンボジアのあのオッサンとはちがい、ほとんど蚊帳の外だった人を連れてきてどうするんでしょうか。
 (実際には口を出そうといろいろやってたが、相手にされてなかったようだ。)
 アメリカは戦後処理をもちろん国連におしつけるでしょう。相当ごたごたするはずです。というのは、ながい内戦のため、アフガン人同士で戦っていたから、そうとう憎しみはつのってるはず。それを、国連の「君たち仲良くしなさいね」モデルを持ってきても、なかよくするわけない。タリバンを軟着陸させることをねらった方がいいのに。とくに、マスード将軍がしんだ今、北部同盟には核がなく、いまはまとまってても、内部分裂必至なのに、なにをいまから、戦後処理の絵を描いてるんでしょうか。

 アメリカは今までもこういう国だったから何言っても無駄だ、というのは処世術であっても、論じゃないでしょ。


2001/09/23 

 密造されてるマッカリを買ってきて飲んだ。
 酔ってあばれるのはたのしいね。
 でも前歯おれちゃった。
 いたい。
 ヘルメットかぶってなかったら倒せたんだけどなぁ。


2001/09/22 

 寮内でニムダ発見。
 感染源わからず。
 うちにも謎の eml、nws ファイルがあった。
 シマンテック配布の駆除ソフトを実行させたら、感染してないとのこと。
 じゃぁこのファイルは何だ。
 とりあえず、これらのファイルは、タイトルこそ違え、中身は同じだった。readme.exe だった。
 すくなくとも、寮内の誰かは感染しているはず。
 むーん。
 よくわからん。

 ネットの混雑はダウンローダのせいかとおもったけど、やはりニムダのせいだろうかよくわからん。とりあえず明日はパケットを採取しておもい原因を特定してみたい。

 どぶろくうまい。
 あぁ。こう毎日たのしいことばかりあっていいのだろうか。
 いいんだよ。
 なんかこういうたのしいことから目をそむけてたような気がする。


2001/09/21 よる

 パキスタンはタリバーンの輸出元だよ。

 寮内を点検してまわった。
 ハブのランプを見れば点滅の具合で、どこがはげしくパケットをやりとりしているかある程度わかる。
 LAN の混雑は、ある寮生がダウンロードしすぎていたことが原因だった。
 その人は、みたことのない NetAnts というソフトでゴリゴリとダウンロードしていた。見たときには一度に五つダウンロードしていた。とりあえず注意しといたら混雑の具合がそこそこ解消された。


2001/09/21 

 昨日はキノコ狩りをした後、食ったが、量が少ないことが判明。とりあえずうまかったと言うことで。
 そのあと、酒盛りをして、酔っぱらいになりました。たのしかった。
 とりあえず、バカになれてよかったなぁ。

 なんか最近たのしいことばっかりしてるなぁ。

 どっかの掲示板に調子に乗ってかきこんだことを転載。

それから、テロ反対はいいけど報復するにしても手順はふんどかなきゃね。
いきなり「おまえが犯人だ!死ねコラ」てのは個人レベルではアリでも、国家のやることじゃない

今回のことをキッカケにして
いままでの外交の問題を一挙に解決してやろうという姿勢が気にくわん。
被害者面して、この件を踏み絵にし、各国に協力を強いるのも気にくわん。

 湾岸戦争は名分があり、手順をこなし、敵がはっきりしてたからいいんだよ。
今回は名分はまとまっていない、手順はむちゃくちゃ強引、敵もまたはっきりしない、それに大事件のショックによる感情のたかまりに乗じてのことだから、テンションは今より下がることはあっても高まることはない。

 誰もつっこんでくれなかった。

 寮内LANのインターネット接続速度が異常に遅い。だれかが最近はやりのウイルスにかかった可能性がある。


2001/09/19 

 今日はキノコ狩りに行った。たのしかった。
 目当てのキノコはあんまり採れなかった。けど、他のをぼりぼり食った。
 テングタケは今のところ、ただうまいだけのきのこです。うーんおかしいな。
 致死量は10~20本?という話。

 これ

 日本は後方支援に人を出すそうで。出さない方がいいと思うんですが。
 まぁでも、はやいうちに「どこまでできるか」を示したのはいい。
 アメリカ的に言うと、「評価できる」。
 日本がアメリカの補給路の重要な中継点になるのはかわりないわけで、テロにあう危険性はおおきくなりました。はい。
 まぁ、京都は関係ないけど。

 ただ、アメリカは「ついでにイラクもやっちゃおうかな」とおもいだしたらしく、「WTCテロにイラクも関与か」という情報を流し出した。ここんとこしばらくのアメリカの情報操作は露骨すぎる。
 てゆうか、あさましい。もうちょっと老獪にやってほしい。

 イヤーでも本当にこれは踏み絵だ。


2001/09/18 

 アメリカだんだんトーンダウンしてますな。
 小ブッシュにとりあえず二期目がないのは当然として、「何かとんでもないヘマをやらかしてやめさせられる」に一票。

 人にさそわれて、ひさしぶりに似顔絵描きみたいなことをした。たのしかった。

 自分のお絵かき掲示板より自分の発言を転載。
テロは犯罪であって警察が解決すべき問題。
手に負えないときに軍隊がでてくるのは可だが、戦争は外交の手段のひとつ。
今回、問題なのは安易に戦争を持ち出してテロのついでに従前の外交問題を解決しようとしてること。
アメリカはこの事件で大義名分を得たわけだから、少々強引なことでもできるいいチャンスなのに、ここまでむちゃくちゃなやり方をしたのでは評判を落とす。
小ブッシュに二期目はないんじゃないか


2001/09/17 

 アメリカの戦争準備がはやすぎる。今は被害者救済と事件調査の裏付けをする段階じゃないのか。こんな早々に対象を決めてたたくことを高言し、すみやかに準備を進めるのはおかしいんじゃないか。
 強いやつは何してもいいというのは世界の共通原則だが、また逆にある程度の手本を示すのは長続きさせるコツだ。民主主義がどう、とか正義がどう、とかアナウンスするなら、捜査の進展をもうすこしまったほうがいいんじゃないのか。
 証拠を突きつけて引き渡しを要求し、しかるのち戦争くらいなら妥当なとこじゃないのか。力にものをいわせて押し切らずとも何とかなるくらいの名分があるのに。
 そういう展開なので、裏になにかあると勘ぐるのは当然のことだ。このまま事態が推移し、戦争に突入するなら、オサマを殲滅しても、アメリカ嫌いの人間をふやすだけじゃないのか。
 アメリカドルは世界の基本通貨、マクドやコーラは世界の若者が大好きなもの、アメリカの文物は嫌われているわけではなく、強さはみんなの認めるところなのに、あんなにきらわれるのは、妬まれているだけではない、それなりのことがあるのを知るべきだ。


2001/09/16 

 マスード将軍は15日死んだそうだ。

 昨日は急にカウボーイビバップが見たくなり、WinMXのつかえるところまでいってさがしてたら夜になった。無駄に過ごしたのかなぁ。そろそろ手に余るくらいすることが押し寄せてくるというのに。
 結局あつめれず。

 なんぼ頭がよかってもいい情報がなかったら無難な判断もくだせない。

 創価学会がアメリカでテロを起こし、アメリカ人はおお怒り。日本が事実調査をするとか何とか言ってるほんの数日の間に、アメリカの新聞は日本の過去の悪行を書きたて、天皇の支配する悪の専制帝国ときめつけ、アメリカ議会は日本に対する戦争実行決議をたてた。どうおもう?
 こんな話あるわけない・・・・今の日本に対しては。

 どうせテレビで「かなしい、ひどい、おそろしい」とさかんに言ってることについては「かなしい、ひどい、おそろしい」とおもうんだろうが、テレビでそういわないことについてはそうおもわないんだろう。

 きのうビバップ探しのときにいろいろきかれて、全然モノを知らないことに気づいた。ただのウンコたれや。勉強せな。


2001/09/15 

 あーやっぱりおれ無責任で情報に振り回されてるなぁ。
 マスードは死んでないらしい。
 とは言ってもマスード死んだら北部連盟おわりなので、死んでたとしてもいえないのか。
 まぁホントのところはわかんないけど、職能的に死んでるにはちがいない。

 マスードもオサマ=ビン=ラディンも名前だけで人をうごかせるのな。

 アメリカ的には、この際うっとおしいタリバーンもついでに一掃して、世界秩序は回復されたバンザーイというつもりだろうか。
 まぁ、おどしてるだけなんだろけど。こういうときにしかむきだしのゴリ押し外交はできないだろうし。
 アメリカ人の興奮ぶりと各国の狼狽ぶりがおもしろい。こうゆう時の中国の対応にはほれぼれする。あとフセインも。
 まぁ、こおゆう時におとなの対応ができないようだったら、政府から天命が去っちゃうんだろな中国って。難治難治。

 日本はこうゆうときにはなにもできないし、なにもしなくていい。関係ないもん。

 たび袋に新コーナー「国境越え37番勝負」追加。


2001/09/13 よる

 マスード将軍はやっぱり死んだらしい。
 それで、弔い合戦というわけなのか、カブールを一生懸命攻めてるそうだ。

 イスラム過激派とオサマ=ビン=ラディンのセットはアメリカの認識を反映している。かれらは、アメリカ敵性勢力のイスラム過激派の最有力指導者としてオサマを認識し、ここ数年いいつのっていた。そしてオサマはアメリカ嫌いのムスリムたちのシンボルとして、奉られるようになっていった。
 オサマが実際に関わってなくても、オサマの名、オサマの反米のよびかけを媒介として、いくつかの集団が集まることは可能である。

 ニュースでオサマをとやかくいうのは、それなりの前歴あってのことだが、逆に、オサマに還元してしまって、脳天気な「イスラム過激派」の言葉が指し示している対象の複雑な様相から目をそむけさせている。
 「アメリカには世界中に敵がいる」

 まぁ、とはいっても、まだ被害対策が急務の段階だから、憶測しか流れないのだろう。

 報復報復というけど、敵はたぶん国家じゃないから、どうするんだろ。

 ビルに旅客機がつっこみ、崩壊する映像を見て、こわいとおもった人もいるらしい。
 うーん。ああゆう「ビルヂング」は少年時代の自分の生活圏(ドいなか)には絶えてなかったせいか、いまでもあんまり現実味・・自分の存在感覚をささえる基本認識・・がないわけで、自分の性格もあるだろうが、ああゆう映像を見ても、おもしろがるだけで、そういう「こわさ」にはつながらないんです。ああ、でも性格の方が大きいか。


2001/09/13 

 かえってきました。

 おおスゲー
 四機ハイジャックして特攻って、考える時点ですごい。

 すぐに正義とか自由とか言い出すのがいやだ。
 そのくせ、オサマがどうとか、パキスタンの何がどうとか、パレスチナ人がどうとか、情報は操作する。
 その正義とか自由を基準にして、よその国の政体にケチをつけ、戦争状態に持ち込んでるのはどこのどいつだ。
 いきなりミサイルぶっこんだり、経済封鎖して空襲かけたり。
 たまにはよその国にしてることを受けるのもいい薬だろう。
 いい気味だいい気味だ。

 イスマイリ派をおもいだした。暗殺教団。アサシンの語源。モンゴルはごり押しで押しつぶしたけど、アメリカはどうするのか。

 マスード追悼。・・・ほんとに死んだのか?


2001/09/03 

 お絵かき掲示板の入れ替えに手間取った。いま昼前。
 FTPがうまくつながらんかった。TELNET→FTP→not connect
 行く気あるのか
 素直に十八切符手に入れた方がいいのかな(弱気)
 ということでとりあえず出発


2001/09/02 

 とか何とかいってまだ出発してなかったりして。
 いろいろ都合が悪くなった。
 うーん。今日も出発できるかな。

 帰ってきました。あぁ。
 日曜の昼下がりに旅立とうとしたバカを笑え
 四時間かけたけど何も手応えなかった。
 やっぱり平日だ


2001/08/31 晴れ

 琵琶湖タワー遊園地が今日を最後に閉園するというので、最後に遊びに行くツアーについていった。
 イーゴスはやっぱりすごかった。

 明日くらいからしばらく東京方面経由で長野方面にゆきます。
 半月くらい?
 かえってきたらキノコ狩りできるかなぁ。

 マシン構成

 「かりうけた」のはCPUとマザーボード。ビデオカードもあったけど、これは相性悪いといわれてたとおり、あんまりよくなかった。熱暴走する。

2001/08/30 雨

 ある寮生が新しくコンピュータをもらったが、どうも具合が悪いという。よくわからんがとりあえず見てみて、とりあえずしのげるようにしたら、なんと、ふるいコンピュータの部品が余ってるという。セレロンと440BXマザーボード。
 拝むようにしてもらってきました。そして、木下さんに車を出してもらって、箱とメモリとCD-Rを買ってきました。イヤッホぅ。
 何事もなく動いてます。
 あぁ。なんか今日はいい日だ。雨ふってるけど。


2001/08/29 

 返事が長野から来たのでたぶんしばらく長野県へ行く。避暑?避暑地やけど、避暑する季節ちゃうやん。もうさむいで。あぁ。
 31日に予定ができたのでそのあと。
 ついでに東京行って日光見物しようか。
 ヒッチハイク?
 「安い交通手段を工夫」しろと書いてあるし。

 ひらしょーからC3のよさをふきこまれた。
 C3にSis630。その組み合わせで、検索かけたら、ひらしょーのページが検索に引っかかった。そういうことか。
 ひらしょーのいうところによると、C3はヒートシンクで十分、おまけに電源のファンも切れば超静音PCの完成、と。そりゃすげぇ。
 どうせやるならC3デュアル?

 まぁ、ちょうどいいくらいに長野行きが決定したので、このことはしばらく持ち越し。
 そんなこと言ってるうちにお金が無くなってきてそれどころじゃなくなったりして。
 今ポケットに19円しかないので、貯金をおろさないと。

2001/08/28 

 いろいろあるやんか。情報。探し方わからんかっただけか。
 Sis730S KM133 統合チップ
 Sis735 シングルチップ
 アスロン?
 もしくは440BX+P3
 こうゆう情報は雑誌こうてきたほうがはやいんやろなぁ。

 もうこんな季節。
 さすがに素っ裸では寝れん。

 いろいろさがしてるとこういうのがあった。
 「 MS-WindowsXX は OS ではなく、GUIマネージャ。その場合の OS は MS-DOS。」
 いわれてみればそうだ。


2001/08/26 

 バイトの金がようやくはいったので、寺町へでかけたが、いろいろ何がよいのかまったくわからず、結局買わずにかえってきた。それからいろいろ調べた。うーん。つかえる情報すくないししんどいな。
 マイクロATXのものはひとつでいろいろ入ってるのが多くてお得かな。
 あぁ。情報て得難いもんなんやなぁ。

 うちのコンピュータが最近不安定なのは間違いなく BugBurowser のせいだ。


2001/08/25 

 地震だ。震度四。なにかおもしろいことがおこるかなと思ったけど、つんであった空の段ボール箱が一つおちたくらいで、本がくずれることもなかった。震源ちかくのくせに。ただ、よこゆれがおもしろくて、あしもとがおよいでるようだった。神戸の地震のときよりも弱かった。


2001/08/24 

 研究室の合宿で発表した。
 何を?というところですが、発表の体をなしておらず、まぁ、発表ということに参加したというくらい。
 だいたい、行きの列車の中でレジメを切ろうというのが間違いなのです。
 まぁそんな羽目になるまで何もしなかったのも悪いですが、大した内容でもないのに、どうしようもない間違いがあったりして、よけいはずかしい。いっそださんかったらよかった。
 でも、上の人からいいことをいろいろ聞けてよかった。はい。
 そのためだけに行ったようなものなので。


2001/08/21 

 「ご依頼」という謎のメールが来た。
 自分の頼み事に「ご」を付けるくらいだからよほどえらいんだろう。「皇帝聖旨」みたいなもんか。
 なんか、アンケートだった。「ボランティアって大切なことだと思うんだけどあなたはどう思うの?(要約)」という、へたくそな性格判断並にダメなアンケートだったけど、まぁ、えらい人に逆らうのは得ではないから、答えておいた。
 うーん。

 「とにかくやってみなはれ。やる前から諦める奴は一番つまらん人間だ」
 はぁーわかりました今からがんばります。

 とか言いつつこんなモノを作ってみる。
 なんか急に薄くなってきてねぇ。

 頭がうすくなるのはそれはそれで仕方ないことですが、今までほとんど坊主頭→放置→ぼうぼう→坊主頭、というサイクルだったので、長くしていじるということをしたことがなく、おもしろくないなぁ、というところ。
 かみのけは腎と関係あるらしい。う・・・。


2001/08/20 

 バイトおわーたよ。発表あさってだーよ。
 なんとかする。


2001/08/19 

 hotmail にやたらメールが届いてる。
 それも英語のうさんくさいのばっか。
 でもまぁ。hallo とか Hi とかこういうタイトルのメールってのはこっちにしたらあからさまに怪しくても、英語使いの人たちにしたら、「どうも」とか「こんにちは」とか書いてあるのとおんなじで、心当たりはないけれど、とりあえずあけて見とくか、という気にさせるんやろなぁ。
 まぁでも、だれからかもわからぬ「こんにちは」というメールをひらいて、「おまえもエロエロ好きなんやろこの娘はどうやこっちはどうやいろいろとりそろえてあるでぇぐへへへへぇ(要約)」というようなメールだったらやっぱりがっかりする。
 全然関係ないけど、明日でバイト終了の会社の部長は「メールを投げる」という。

 すずしくなりました。これから冬にむけてゆるゆると寒くなっていくのでございます。・・・。一年中平均気温が十度くらいやったらなぁ。もしくは十五度から五度の間を上下するとか。


2001/08/18 土曜日

 『徒然草』188段
 「京に住む人、急ぎて東山に用ありて、既に行きつきたりとも、西山に行きて、その益まさるべき事を思ひ得たらば、門より返りて、西山へ行くべきなり。ここまできつきぬれば、この事をばまづ言ひてん。日をささぬ事なれば、西山のことは帰りて、又こそ思ひたためと思ふ故に、一時の懈怠即ち一生の懈怠となる、これをおそるべし。」
 あぁ。その例でそれは言い過ぎじゃないかと思うが言いたいことはよくわかる。しょっちゅうやってる。いまもやってる。とりかえしはつかない。
 「彼をも取らんと思ふ心に、彼をも得ず、これをも失ふべき道なり。」
 あぁ。すみません。勘弁してください。わたしは欲深なくせに怠け者の哀れな虫けらです。
 とかいって明日から素行をいれかえるような素直で単純な人間なら問題ないんですけどね。

 あれもやりつつこれもやろう。あとで本気でやって今は適当にやっとこう。
 というわけで虻蜂取らずな状況。
 生きててごめんなさいという気もしますが、まぁ、それは口だけです。

 ジャスコが社名を変更すると店の名もイオンということになるのか。
 イオンは"イ""オン"と、二音節で声母ばかりだから言いにくいしダメだ。下手すると「ヨン」とかにちぢめられそうだ。せめて子音をいれて音の引っかかりどころをつくってやらないと。
 言いやすいようにいじってやろう。もとの姿を尊重する範囲で。
 イーオン。イオーン。イオンー(ンにアクセント)。イッオン。イオッン。イオ・オン。インオン。
 ジャスコは何語かわからん安っぽさが、おぼえやすくてよかったのになぁ。
 イオンという命名はきれいすぎていかん。


2001/08/17 

 プールに入った。真夜中。たのしかった。
 いるかに乗った暴れん坊


2001/08/16 

 大文字焼きだねぇ。みてないけど。
 「大文字焼き」って言葉は粗雑なところがいい。

 Lycos から、「おまえのサイトをうちのディレクトリ検索に入れといたから気になるなら見とけ(要約)」というメールが来た。さっそく水滸伝のところを見たら、「水のほとり」(最強)とキノトロープ「水滸伝」(好看)と「梁山泊」(最古:死亡)があった。うーん。ある意味一番つかえるな。
 うちのような偏った濃さのサイトだけが登録されるとはおもえないので、ほかにもいくつか登録されるのでしょう。たぶん。
 (されてませんでした。たったふたつ。やる気あるのか。)

 8月15日に送り火があったと、今朝までおもってたあたりに、いいかげんさが端的に現れてた。●確かな証拠をつかんでいないが、すこしの手間をかければすぐわかる。●状況証拠を自分の都合のいいように解釈。●現状の肯定。無関心。
 確かな証拠。


2001/08/14 

 帰寮。昨日の夜はおそくまで話してた。というより聞いてた。

 時は幕末。伊賀の儒者、町井台水が大和の天誅党討伐に分隊長として参加したときのこと。
 「櫻井の駅吏が食料を送ってきたので、みんなで食べた。柘植宗信は敵の死体を見て、尻の肉を切って食べだした。一切れ私にすすめてくるので、言った。「その男も壮士だったのだ。もしそいつがわしの尻だったとしたら、人に自分の尻を食わせることなんか、とても我慢できんことだよ。」そうきいて、宗信はやめた。」
 町井治『台水先生遺文』「南討紀略」より。

 古本市で買ったもの。角川の古語辞典のみ。200円。


2001/08/12 

 実家のコンピュータ、かなり前からダイヤルアップできなくなっていたが、今朝いじってみたらつながった。よくわからん。
 なんでか、実家だとなんでもはかどる。あぁ。実家にすもうかな。すごい不便な田舎やけど。
 発表のメドが立ってきた(頭の中だけで)。なんとかいくぞ。あいかわらず資料様にそんなにふれてないけど。
 報告、感想、留保。日記と称して誰に何を書いてんだオレは。

 徳島へ 阿波踊りを 見に行くし おまえはここで 留守番しとけ。
 字足らず。季語:阿波踊り。解釈:盆なのに 誰もいなくて さびしいな。
 評語:徳島・阿波の繰り返しはくどい。あまりにも平叙。ひとくふう必要。

 田舎の大きい家にひとり。あぁー最後のキノコ、人にくれてやるんとちごた。これだけ静かで暗いところでやれる機会なんかめったにないのに。うーん。惜しいことをした。
 なんかでてこおへんかな。イタチとかそういうのでなくて。
 帰ってもこたつ布団で寝てます。


2001/08/10 

 今晩より実家の留守番のため召還せらる。あ、洗濯しとかな。

以下「私家版・精神医学用語辞典」より引用
-------
 ちなみに、実際の診療で患者さんに「電波、届いてる?」とか訊かれたときには、「届いてますよ」などとは答えてはいけない。妄想をより強固にすることになってしまうからだ。こういうときは「私には届いてませんねえ。あなたには届いてるんですか?」と不思議そうに尋ねるのが正しい、と私は研修医のときに教えられたものである。

ソース
--------
 こうしたおじろく、おばさは結婚もせず、近所の人と交際することもなく、話しかけても返事もしないが、家族のためによく働いて不平も言わなかったという。怒ることも笑うこともなく、無愛想で趣味もない。おじろく、おばさ同士で交際することもなく、多くのものは童貞、処女で一生を終えたらしい。

おじろく・おばさ
--------
他、まぁいろいろおもしろいです。


2001/08/07 

 落雷停電で Windows ぶっこわれたけど、けさがた、msconfig で win.ini 処理させないようにしたら、なんとか立ち上がってくれた。ああうれしいな。

 なつかしい人からメールが来てうれしい限りやけど、サイトを見て、「イメージが違って動揺している」とか「ディープ」だとかいう。そうか?そうなのか?


2001/08/05 

 買ってきたPCカードのLANカードが、実はカードバスで、全然つかえなかった。ほしい人募集

 朝日百科『世界の文学107号』を探していろいろまわったが、どこの店もおいてなかった。107号がない、というのでなく、その雑誌自体ない。
 日曜でいろいろ閉まってたしなぁ。


2001/08/04 

 雷のせいで寮のLANのハブがいかれて一部ダメになってた。ちょっと姑息な手段で北寮復活。
 でもまたダメになると思うので構造改革が必要。って、姑息な手段にはしったらアカンのですが。


2001/08/01 

 あぁ。八月。
 きのうはひさしぶりに手紙を書いた。
 それとはまったく関係なしに、ひさしぶりな人からいきなりメールがきてうれしかった。


2001/07/31 

 コピーを読みながらこの調子で卒論かけるのかとおもってあせってみる。
 それ以上に来年どうするのかと言うことを考えてあせってみる。
 ・・・・・・  あせってくれよ~オレ。

 実在する納豆ドメイン

 いろいろいじってみました。
 いろいろよみかえしてみると、水滸伝文簡本の翻訳てけっこうおもしろいな。きちんとやりなおしてみよう。


2001/07/29 

 きょうキノコくって気づいた。オレ、何かの催眠にかかっている。
 いまはそのしかけを自分なりに探っている最中。なぜだ?
 もしくはキノコ食って頭がおかしくなってるのかもしれんが。

 (↑まぁ、キノコ食っておかしくなったと言うことで。)

 催眠というのは基本的に自己催眠なのだそうだ。催眠→暗示。他人が無理矢理やるのが洗脳。傲慢で思い上がっている人、相談する人のいない人がかかりやすい。他人につけこまれやすいから。
 そういうことで、手元のキノコは食いきりました。


2001/07/28 

 今のバイト先のラクチンさは直接指示を出す社員の気楽な人柄によるところがおおきい。
 というわけで、こういうバイトがなんでも楽というわけではなさそうだ。

 まぁでも、ちんたら仕事して世過ぎするのもいいかなぁと思ってきた。

 元寇の本を立ち読みしたら、実はあのころ、元の脅威に対処するため高麗征伐が三回ほど企てられたのだそうだ。博多にある防壁も元寇を防ぐためばかりとはいいきれず。クビライの三度目の日本出兵と鎌倉幕府の高麗征伐がかち合う可能性もあったのか。

 うーん。ここ数日なんかすこしおちこんでたようだ。
 たぶん人の影響をすぐ受けるんだろうな。


2001/07/25 

 今日は逆にはりきりすぎて疲れた。適当に手を抜かねば持たん。
 というより眠たかった、というのが真相か。
 オフィスワークはオフィスワークで疲れるのう。体うごかすバイトも適宜混ぜねばならぬ。もしくは、運動するようにするとか。
 このバイトにいくには、バスを一回四条烏丸でのりかえる。なんか通勤してる気分だ。楽しいです。本も読めるし。
 今は漫然と本読んでるだけやけど、なにか身に付くようなことをしよう。たとえば高校生が英語の単語を暗記するように。というのは、時間がそんなに長くないので、本もきちんと読めないから。
 てゆうか、こんな風に時間の案配しなきゃいけない、というあたり、ダメ人間のリハビリみたいでいいですな。
 一ヶ月後に研究室合宿で卒論の発表せにゃならんわけですが、この調子で大丈夫かね。
 今のままでは全然大丈夫でない。1 対象を絞り込んでいない。2 対象がはっきりしない。 ほら、全然ダメだ。いっぺんたたかれた方がいいのかな。その時はしょげてすねて逃げませんように。
 あーぁ。というかんじに夜中に目をさましてダラダラ日記を書き続けててもしかたないのであしたのためにねることにする。


2001/07/24 

 実家で土蔵破りの跡を見つける。
 昨日の晩から今日の昼くらいまで家に帰ってた。まぁ、久しぶりに蔵のなかの本でも点検するべし、と、鍵をもっていくとなぜか蔵の引き戸の前に板など立てかけてある。漆喰で塗ってあるおもたい戸をひけば、内の木戸があいていて、床に木屑が散らばっている。よくよくみると、木戸の鍵がドリルで壊してあった。なにやらいろいろがさくった跡がある。うーん。これがいわゆる土蔵破りか。
 二階に本があるので、上ってみると、すこし様子がちがうが。うーん。あんまり減ってないようだ。さすがというかなんというか、年代の確認できる一番ふるい本(17世紀半ば)がだしてめくってあったのに、もって行ってなかった。不思議だ。文書類のつっこんであったいれものもがさくってあったけど、全部ローカルな文書だから、どうせもっていってないだろう。実はいろいろ什器があったけど、そんなものいちいちおぼえていない。誰もきちんと管理してないのだから盗まれてもわからない。あぁ。
 警察が来ていろいろ調べたのにたちあった。それで、はっきり盗まれたとわかるのは、さびさびの小太刀のみ。他はいろいろ出してあったけどわかるもんでない。うーん。
 まぁ、とりあえずうちは外目はかなり旧家っぽいが、なかには何も金目のモノがない、とわかる一件だった。

 蚊取り線香を入手。これで眠れぬ夜も安心だ!


2001/07/23 

 イヤー。世の中にこんならくちんなバイトがあっていいのかなぁ
 それとも今までしんどいのを選んでたのかなぁ。
 単純に向いてるのかなぁ。
 たぶんふだんの生活とあんまり変わんないことやってるからだとおもう。
 あ。でも。ふだんの生活空間では冷房なんか無いか。やっぱり極楽だぁ。
 でも今日はちょっと遊びすぎたとおもうので次からまじめにやろう。図に乗る性格なので気をつけねば。
 通勤て楽しいな。


2001/07/22 

 21日は一日中寝てた。昼間おきてちょっと本を読んだあとまた眠りにおちた。バイトの後、焼肉を久しぶりに食ったせいか?

 バイト中も電線の皮をむきながら寝ていたので要するに寝不足か生活の不規則のせいだろう。ぬぬぬ。
 かくいう今も二時におきてなんかゴチョゴチョやってる。
 やっぱり夏は夜型になるわい。

 しりあいが広島は帝釈峡のキャンプ場の管理人になった。飯付き宿付きで一日六千円。メールによると朝一時間はたらけばよいだけなのでひまでひまでしかたないという。
 一緒にはたらかんかというはなしだが、もう夏休みバイトはきめてしまったのでなんともかんとも。もっとはやくおしえてくれ。

 あぁ。また行きそびれた。やる気あんのか?

 劉因「聖賢は我なり我は聖賢なり」いかれてますな。
 そういやハッラージも似たようなこと言ってたな。「我は神なり!」こっちはくるってます。キノコでも食ったのかな。


2001/07/19 

 金がなくて困っていたら向こうから仕事がやってきた。ということで今日もバイトだ。明日もバイトだ。

 昨日の続きのネタ。
 サウマがもっていった手紙の英訳
 モンゴルっぽい。
 何でこんなモノがあるのか上の階層を見たらこんなんがあった。納得した。


2001/07/18 

 バル・サウマの旅行記の英訳
 こんな人いるの知りませんでした。1260年、大都にうまれたバル・サウマはネストリウス派キリスト教徒のモンゴル人で、エルサレム巡礼をおもいたち、当時モンゴルの領域だったペルシアまでたどりつくが、そのころエルサレム方面を押さえていたエジプトのマムルーク朝との政治的対立のためそれ以上すすめず、ペルシア方面のモンゴルであるフレグ・ウルス(いわゆるイル・ハン国)から、マムルークをたたくための交渉使節として1287年ヨーロッパに派遣され、ローマやパリにまでいったが、目的を果たせずかえってきた。のち、バグダッドのネストリウス派教会の司教となったが、エルサレムを見ることなく1313年に死んだという。
 もともとペルシア語で書かれ、シリア語(ネストリウス派標準語)に翻訳され、そののち、二つながらに失われてバチカンなどに残る文書からそのころのことがうかがいしれるだけだったが、今世紀はじめにイギリス人学者がイランでシリア語版をみつけ、翻訳出版したという。そんなものがポロンとおいてあって読みたかったら読めるんだからすごい世の中だわぃ。
 で、日本語で検索かけたらバール=サウマ、もしくはラッバン=ソーマでウイグル人ということになってるらしい。たぶんどれかの高校教科書にそう書いてあるのだろう。(手元の山川1989にはない。)読み方はいいとして、なぜ、ウイグル人なんだ?

 ついでに、"・"と"="をつかいわけるやりかたがあることをおもいだした。でも"="ってなんかなじめんなぁ。

 ソース


2001/07/17 

 「そうゆうもんちゃうけ」
 いつの間にかよくゆうようになっていたなれあいの言葉。


2001/07/16 

 某山にはテングタケが自生しているという。そしてそれはアミノ酸の二十倍のうまみ成分を持ち、肉質もむちむちしてうまいという。あぁ。いいですな。

 胸に七つのほくろを持つ男・金の世宗・完顔烏禄(ワンヤンウル)!
 


2001/07/15 

 またキノコった。寮生大会の後で、寝不足だったせいか、それほどよくなかった。ほかのひとはいい世界に行ってたようだ。むぅ。


2001/07/14 

 2ch
バッドトリップ体験記

 
 


2001/07/13 

 夏休みのバイトを押さえた。カタログ販売屋のHPの校正。JavaScriptとかスタイルシートはやったことないと言ったら、そういう確認作業軍に回された。まぁ当然だ。

 ばかでかいレーザープリンタをひらった。ばりばり動く。


2001/07/11 

 金のために山崎パンの工場へいってきた。ねむい。

 金がないと本のコピーもままならぬ。
 700ページくらいもあって、18000円もするような本はコピーするしかないだろう。しかも大学の図書館にあるのはいつも誰かが借りてるし。4円コピーならだいたい1400円。
 金がないとキノコも食えんしな。
 栽培したいなぁ。採集したいなぁ。

 工場行って思ったんですが、自分、順を追ってタスクをきちんとつぶしていく能力ないんですね。目に付いたとこからやっつける。まぁそんなにいい加減で今までこれたのが不思議なわけですが。
 まぁ、野尻の言うことは信用ならない、というのはそのへんに根元があるんでしょうね。


2001/07/09 

 またキノコった。もう廃人だね。やったー!

 去年の旅行でインドで一緒だった人からメールが来た。連絡ついてうれしい。


2001/07/08 

 ひさしぶりに米をたいた。納豆飯。朝も晩も。

 こういう気候ならいくらでもたえれるけど、蚊だけはたえれん。
 蚊取り線香買う金くらい工面できるようにバイトせねば。
 めらばんさんにならって日記は一行にしようかな。


2001/07/07 

 「宋江三十六人賛」は水滸伝関係の記録の中でもっとも早期に属するとおもわれる物だが、これを『癸辛雑識(続集)』のなかに書きのこした周密は南宋から元にかけての人である。だいたい四十の頃にモンゴルの臨安接収をむかえている。それまで政府の役人だったが、その後は仕えず、したがって「宋末元初の愛国詞人」ということになっているが、それはどうか。また、この人には『斉東野語』という著作があり、そのなかで、山東の李全について貴重な記録を残している。
 李全は金の農民だったが、モンゴルが攻めてきて以後、治安を保てぬ金朝は河南に逼塞し、山東は盗賊の横行する地になった。李全は盗賊の群に投じて頭角をあらわし、やがてこの山東に金・モンゴル・南宋の勢力が及ばぬ李全の王国を築いた。はじめは南宋と通じて金に対抗し、次第次第にモンゴルにとりこまれていくのだが。
 この時期、金とモンゴルの間で自衛集団を結束し、やがてモンゴルにとりこまれて「漢人世侯」となる人たちがいるのだが、どうも李全は彼らとは毛色が違うようで、お隣の東平府の厳実が文人を保護し、のちの元政府機構に官僚をおおく出しているのにくらべ、文人たちを大切にあつかわなかったようだ。

 あぁ。切り口切り口。

 えらそうなことを書くとすぐボロを出すんだよな。『斉東夜語』→『斉東野語』。
 ちなみに、李全の基本資料は『斉東野語』李全条および、『宋史』李全伝。それから池内功「李全論」(『社会文化史学』14号、1977)は必読。
 それから、李全に材をとった小説が最近出たとちょっと前どっかの家頁でよんだけど、よんでないので、どうなのかわかんない。

 どうせ器用貧乏なんだからがんばって小手先を極めるべきだ、といまごろおもう。
 でもあきらかに要領わるい。あたまも。むぅーん。
 明日の飯代をどうやってひねりだすかかんがえるようにしよう。

 それから、自分の掲示板のかきこみの仕方は喧嘩腰っぽいので、もう、よそさまんとこで放言するのはやめようとおもった。


2001/07/06 

 ちょっと親元かえってました。しずかだった。雷をともなう強い雨が降ってた。ああゆうとこで育ったんやなぁ。しみじみ。

 マリファナ解禁が今イギリスで議論になっているらしい。

 トルコ語のホームページをまわってても、まともに勉強したわけでないので、ほとんどわからんと言うのが正直なところ。
 1500Binのちっちゃい英ト・トル英辞書ではなにもわからん。
 あぁごっついのほしいなぁ。


2001/07/04 

 卒論の中間発表があった。
 たいした準備もせずに行き、内容はそんなに無いにもかかわらず、えらそうにしていた。まったくおもいあがってる。

 そのあとキノコを食った。
 で、いろいろとおもいあがってるなぁ、と反省する。

 かなりしびれてる状態で、それがおもしろくて、イヤ、さびしくなって、ひらしょーんとこまであるいて行った。
 じゃましてすまん。わるかった。

 なにかが変わるわけではない。ただ、普段の自分に気づかされるだけだ。あぁ。

 とまぁ、そういうわけで、今回はすこし多くて少々つらかった。キノコは結局体をしびれさせるということだ。くいすぎはよくない。次からは。


2001/07/03 

 これをよんでトルクメニスタンをちょっと見直した。

 おぼえがき:
トルコ人女性歌手情報
SezenAksuセゼンアクス 今のスタイルをつくりあげた人。最近は歌の提供が多い
Niluferニュフェール セゼンアクスと双璧をなす。
YurdizTilbeユルディズティルベ ギュリュムが今一番のはやり


2001/07/02 

 例の偽書『石達開日記』よりネタひとつ。

--------
 野人三五
 初九日。あけがたになって出発しようとしたら、いきなり野人が数人あらわれた。ほとんど裸で変なナリ、わずかに毛織りで下をかくすだけ。手には石でできたハンマー状のモノを持っている。すぐおそってきたので、私は燃える槍で猛撃させ、矢や石をふりそそがせたので、なんとか倒せた。しばらくしてまた何人かやってきた。また倒した。それから来るのがだんだん増えてきたので前隊の多くが撃ち傷を負い、なかには死んだ者もいた。私は、これらの野人は皆食べ物やモノがほしくてやって来ているのであって、はなしあいの通じる相手ではないとわかったので、食物や衣服をなげあたえるよう命じた。するとやはり先を争って奪い合いをはじめ、こちらへ来ようとはしなかったので、私たちはどうにかはしってとおりすぎることができた。数里(一里500m)して、失ったものを点検したところ、数日分の食料しかなく、衣料もとぼしくなっていた。四姑娘が私に言うには、
 「とうさまが糧物で囲みを解いたのは、まことに仕方がない計略でした。でも、輜重部隊は後方にいますが、いつ来るかもわかりませんし、まだまだ道は遠く、二三日ではつきません。指折りかぞえてみても、いまある食料は三日で尽きてしまいます。山は険しく、寒さも厳しく、衣服がなければ防ぎようがないでしょう。飢え、さらにこごえてしまえば、険しいところを越えようにも越えれなくなってしまいます。進むも戻るもならなくなればどうしたらいいでしょう」
 私はこれをきいて、大変後悔したが、しかし深思して計を練った。とって返せばやはり野人が邪魔だ。ここは前進してはやくつくことをかんがえ、とにかく谷を出て、なんとかいきのびる手段をみつけよう。
 四姑娘たちもまた進むしかない、と決議していた。そこで、勇気を出してはやく進むことにした。私はみんなに利害と忠義でさとした。みんなもふるいたち、食料を節約して、山の果物があればそれを食べ、夜には薪を燃して自衛した。幸いなことに木こりにたきぎのありかを教えてもらった。伊に命じて兵士をひきつれたきぎをあつめにいかせたのでたきぎはあまるほどある。けものをとらえておかずにした。
--------

 川口浩探検隊みたい。
 野人ってのは、当時の原始人の知識か?

 今日、卒論の題目を提出に行ったら、「おまえ卒業できるのか」とのお言葉。こないだ教授会があって、そこで、単位が相当取れてないダメ学生は話題にのぼるらしい。「がんばってます」と答えておいた。

 ばんばんリングがあって四海兄弟がないのは問題かなぁとおもって両方とも表紙にのせることにした。


2001/07/01 

 付属図書館の書庫を徘徊。
 「我が家の教科書」という謎のスクラップ集があった。日本が景気よく戦争やってたころの誰かが新聞記事をスクラップし続けたもの。当時の昂揚ぶりがなかなかたのしかった。新聞記事がスポーツ新聞並になってる。朝日新聞やけど。
 当時の新聞記事はマークアップしてあるんですよ。ふつうの記事の中に出てくる「赤軍」という言葉の上下が**で飾ってあるうえに二行分ぐらいの太字で強調してあったり。一行の中にそんなでかい活字がほりこんであるのでもちろんスカスカ。
 南京陥落のあたりもなかなか。すくなくとも八万四千の死体がのこるとかなんとか。死体の数が日々増えていくのがいい感じですね。首都を落としたからもう浮かれまくってるのがよくわかる。南京陥落後すぐに臨時政府(日本の傀儡政府)ができてたり。

 汪精衛自伝というのもあった。昭和十六年刊だっけ。で、そのちかくに『偉大的蒋主席』というのもあった。昭和二十二年刊。しかも中華民国の通商部かどこかの政府組織からの寄贈本だ。いやみか?
 まぁ、でも、これはタイトルからしてすごい。共産党が後日山ほどこしらえた毛主席をたたえるものを連想させる。結局作ってるのは同じ中国人、ということでしょうか。それとも、共産党は天下をとったといっても、その数年前まで全国的に中国を代表する英雄だった蒋介石を、無視できず、同じスタイルを踏襲せざるを得なかった、ということでしょうか。


2001/06/30 

 三条のブックオフで松浪健四郎『アフガン褐色の日々<改版>』中公文庫をかう。これはつい最近になってタリバンのことをつけ、あらためてでたもの。自分にとって、松浪健四郎といえば、これの元版の講談社からでたものの筆者で、アフガンでレスリング教えてた人、その次に、TVのコマーシャルで紳士服をきながら車を指でもちあげた人、その次に、どうも国会議員をやってるらしい、という順に知識を得た。
 とりあえず最後のタリバンのことを書いてあるところだけ読んだ。松浪健四郎、日本政府の特使としてバーミヤンの石仏破壊阻止のかけあいにのりこむわけやけど、そのとき、日本政府は手みやげとして五億円とか持っていったそうだ。手みやげって他の国の人も持っていく風習があるものなのか?

 なぜ三条なんかに行ったかと言えば、キノコ屋を見物にいったんやけど、あいてなかったので仕方なくブックオフによったという次第だ。

 今日は朝から寮の草刈りをし、昼過ぎから三条方面に出張って一日が終わった。そのあいだに、こないだコピーした論文のひとつを読んだ。
 中間発表の準備のためにバイトさそわれたのに行かなかったわけやけど、行ったほうがよかったか。
 予定としては、朝から書庫に行って、論文の発掘&コピーのはずだったのに・・・・。

 むーん。過去日記はどうしよう。キノコの勢いでけずったものの。
 案 どうでもいい私事(自分しか用のないこと)をけずり、ひょっとしたら他の人にも用のあること(たとえば今日の第一段落)だけのこして再アップするか。
 案 めんどくさいから、一定のファイルサイズを決め、それを越えたらふるいのから削っていくか。
 案 めんどくさいので今までどうりに復帰する。
 むーん。まぁいいか。

 まぁ、日記を見ればわかるように、いま、頭の中をしめていることは、キノコと、卒論の中間発表と、身の振り方です。


2001/06/29 

 キノコは連続服用すると耐性がついて効かなくなるそうだ。一週間くらいあけるものらしい。高いしなぁ。

 同年輩の人間が就職情報を探しすため、うちの部屋のコンピュータをつかいにきた。ウインドウ開けっぱなしのまま寝たので、今朝おきてからいろいろと眺めていると、いろいろある。おもしろそうやね。今からでも間にあうのかな。

 来週は卒論の中間発表だ。今日は題目の提出だ。先行研究あつめ以外なんもしてない。

 こういうふわふわした文章をこないだは恥ぢたけど、今はなんともない。はぁ。まぁ、ジャンキーの言うことだから。


2001/06/26 

 キノコ食った。
 いろんなことに気づかされた。いままで何してたのかオレ。
 右半身死んでるし。

 というわけで、とりあえずいろいろ恥ぢて、削除。


表紙にもどる